8月2014

8月31日日曜体験・進学説明会を実施しました。

★こんにちは。油画・日本画・彫刻・デザイン・工芸科です。☆

夏季講習会が終了したら、東京の季節は急に秋めいてきましたよ。

8月31日、日曜日を利用した1日体験入学と藝大・美大の進学説明会を開催しました。

参加者は、まず先生から道具の使い方や、描き始めのレクチャーを受け、石膏像や静物モチーフをデッサンしました。

いつもとは違う雰囲気の中で良い経験になったのではないでしょうか。

午後は進学説明会が行われ、保護者の方も熱心に説明を聞いておられました。

すいどーばたは、9月5日(金)より2学期が始業します。

受験生は1学期に培った基礎力を応用力へと発展させていきます。合格へ向かってしょにがんばりましょう!

また、基礎科は、随時入学ができます。これから実技勉強をスタートしようと考えている方、

夏季講習会から引き続き基礎勉強を続けたい方は一番良い機会です。

すいどーばたの50年以上に亘る伝統の基礎造形教育がしっかりサポートいたします!

DSC_4466

DSC_4469

DSC_4465

新生 芸大工芸コース新設!

 

こんにちは、デザイン・工芸科です。

 

夏季講習会も無事に終了し、受験に向けてのステップアップの時期をむかえようとしています。

さて、それぞれの都合の中で、9月から受験勉強を再開させようと考えている芸大工芸科志望の方にお知らせです。

すいどーばたでは、9月から新生芸大工芸コースを始めるにあたって、特別二期奨学生を募集しているのをご存知ですか?

いい環境、いいモチーフ、いい課題、更にテクニック抜群の現役芸大生があなたを待っています!

特別二期奨学生の面接は8月31日の午後からです。

新しい環境の中、新たな気持ちで再スタートしませんか!

 

                        デザイン・工芸科スタッフ一同

特別二期特待生フライヤーol

 

最近のすいどーばた工芸コースの様子は、

@DOBATA4

にツイートしています。ぜひ検索してみてください。

基礎科 新学期に向けて

基礎科の笠井です。

高校生、中学生の諸君!まだまだ暑い日が続きます。身体に気をつけて残りの夏休みを
お過ごし下さい。

さて、すいどーばた美術学院の夏季講習も今日が最終日になりました。
今年も多くの方が受講してくれました。
遠く北海道から四国、九州まで、日本中から、これから美術の世界に進もうとする
若い学生達の参加があり、講習会を開催する私たち基礎科スタッフとしては
「うれしい」ことであると同時に、美術の世界の入口に立つ学生に指導する責任を
感じる毎日でした。

基礎の夏季講習では油画、日本画、彫刻、デザイン・工芸の各専門コース、
そしてコース未定者やデッサンを集中して学ぶデッサンコース、
それぞれが一週間ごとに新なコースを設け、充実した一週間を過ごせた筈です。
また毎回、特徴をもったモチーフを用意し、ここではコースを越えて共通デッサンにしました。

人体ヌードを描写したり、アトリエを動物園(鳥しかいませんが(^^;))にしたり、
興味をもって描写し、素晴らしい作品が多数出ました。

 

DSC_4273s

DSC_4287s

DSC_4290s

DSC_4296s

 

9月からいよいよ2学期がスタートします。
1学期には野外にスケッチに出たり、多様な課題を制作時間を長目に取り、広く 視野を広げ、基礎力養成に努めて来ましたが、2学期は更に時間内での完成度を上げる為に 実践的な内容を盛り込んでいく予定です。(もちろん初心者の対応も万全です!)
良い意味で緊張感のある授業と、すいどーばたでしか経験出来ない、色々なイベントを用意しています。

これからスタートする学生諸君、活気あるすいどーばた基礎科をぜひ覗いてみてください。

日本画の夏季講習会

日本画科の夏季講習会も短期・前期・中期・後期と充実した内容で行われています。

成功した一枚も失敗した一枚も一つひとつがみんなの力になっています。

最後の最後まで集中して課題に取り組み、夏の集大成を作りたいですね!

th_IMG_0157
▶ すべて見る

人体ドローイング・セミナーに参加してきました!

海外美術留学準備コースです!

2014.8.16(土)と17(日)に、“グレン・ビルプ”先生によるデッサン、スケッチのスキルアップセミナー 「人体の動きや構造の描き方を学ぶ2日間のセミナー」に留学コース講師の戸沢が指導のヒントを得るべく、参加してきました!

この “Glenn Vilppu(グレン・ビルプ先生)” はディズニー、ドリームワークス、UCLA絵画講師をされていた人で、1960年代はアメリカンコミックなどで働き、その後ディズニーなどで主にストーリーボードを手がけた…主催者曰く、アニメーションに関わる人の中では、“神”的存在で、今ディズニーで働いている人たちを育てた“大先生”だそうです。

スクリーンショット 2014-08-23 12.41.36

2日間に渡って、グレン先生のレクチャーを挟みながら、初日は外国人男性モデル、2日目は外国人女性モデルを、長くて10分、短いポーズは1分で、たくさん描きました!

ドローイング・パッドを使って先生が描いているドローイングがリアルタイムでスクリーンに写し出されるのですが、とにかくグレン先生のドローイングが素晴らしかったです。あっという間に人体が浮かび上がってきます。

日本ではモデルを見てじっくりと描く事が多いですが、アニメーションの場合、見て描く勉強の先に自分でイメージした人体の動きを想像で描き起こせるようにならなくてはいけないので、とにかく人体の構造を分析し、理解する事が大事だと何度もおっしゃっていました。終わってから先生の横で見ていた通訳の方に話を聞いたら、「グレン先生は1秒モデルを見たらもう構造も全て理解をして描いてしまっていたよ。」と興奮気味に話していました。 レクチャーの中でも出来ていた、分析する“脳内ソフト”を持て、というのはそういうことか、と納得させられるエピソードでした。

最近、留学コースにはアニメーションをアメリカで勉強したい、という生徒が増えているので、今回のセミナーで私が学んだ事をしっかりと指導に活かしていきたいと思います。

夏季講習会後期コースがスタート!

2014年度夏季講習会もいよいよ最終ラウンド!

18日(月)から後期コースが開始しました。

この夏、全国から中学生、高校生、受験生が集がまり、

40日余にわたって、各コースで様々な課題に取り組みました。

講習生の皆さま、お疲れ様でした。

この講習会で体験、経験したことが志望校合格に繋がっていくことを願っています。

9月5日からは2学期が始業します。受験生はいよいよ受験に向けて本格始動ですね。

また、これから受験に向けてがんばろうと思っている高校1、2年生は9月は実後勉強スタートの好機です。

まだまだ暑い日が続きそうですが、体調に留意して夏を乗り越えましょう!

140818_IMG_0047

140818_IMG_0055

140818_IMG_0034

140818_IMG_0008

140818_IMG_0044

いよいよ夏季講習会もラストウイーク

こんにちは、デザイン・工芸科です。

夏季講習会も後半に入り、受講している学生さんたちでアトリエもいっぱいで、

毎日、実技制作に全力投入で眼を輝かせて、頑張っています。

高校の部活や補講などでお盆まで講習会に参加できなかった学生さん、

2学期からの勉強に向けて少しでも慣れておくことが大切です。

夏季講習会も来週から 後期8月18日(月)〜23日(土)のコースがあります。

☆武蔵野美術大学、視覚伝達デザイン・工芸工業デザイン ・空間演出デザイン

を志望している方は夏の力試しに実技コンクール+東進模試がパックになったコースで、受講してみてください。

○私大平面系コース     9:00〜16:00

○私大立体系コース     9:00〜16:00

☆美大・桑澤デザイン受験を考えているけど、まだ経験が少なくてちょっと不安な人や

入試の対策を始めたいと考えている人は、まずこの1週間に参加してみましょう。受験相談にも対応します。

○志望校別コース      9:00〜16:00

○夜間美大総合コース      17:00〜20:00

夏季講習会デザイン・工芸科の案内はこちらから

詳しくは、上記をクリックしてご覧ください。

是非、充実した夏を実感してください。講師一同、お待ちしています。

                        デザイン・工芸科スタッフ一同

 

 

2014年度 二期特待生の募集

こんにちは。☆学院からです。

芸大・美大の進学に安定した合格実績をもつ本学院では、優れた資質と美術を志す情熱をもった受験生を、
本学院在籍経験者の有無を問わず、下記の要領で広く特待生を募ります。
特待生に認定された方は、入学金の免除および授業料を選考のうえ最大100%まで減免します。

 

2014summer_start2014kougeisummer_start

 

さらに芸大工芸コース新設に伴い、特別に特待生を募集いたします。
こちらは実施日が2回あります。
是非ご応募ください。

夏季講習会集合写真撮影会 Part-2

こんにちは。☆学院からです。

8月9日(土)、夏季講習会恒例の集合写真撮影会(通称ガリ写)の2回目です。

昼休み、吹き抜け校舎にみんな集まってもらいました。

台風の影響ではっきりしないお天気でしたが、みなさん元気に協力してくれました。

撮影後、「ガリガリ君」と、なぜか?「うまい棒」を、参加してくれた方全員に配って無事終了しました。

中期も来週から折り返しです。講習会生のみなさん、暑さが厳しくなってますので、

健康管理に留意して後半もがんばってください!

そして・・・・・・・。

高校1・2年生や初心者の方へ!11日(月)から基礎科中期後半のコースが開始します。

10日(日)もしくは11日当日朝でも受講申込できます。夏の実技勉強。まだ間に合いますよ~。

夏季講習会基礎科のコース案内はこちら

 

IMG_0043

IMG_0032

IMG_0039

IMG_0023

HEAT ISLAND 油画科の夏!

 

 

2014080504

こんにちは油画科です。

夏季講習会も後半戦に突入しました。連日の猛暑で暑い!とにかく暑い!と思わず叫びそうになってしまいますね。

でも、あつさ(熱さ)ならどばたの油画科も負けてはいません!!各アトリエとも活気と熱気にあふれています。東京の気温を平均2度くらいはあげているのでは?と思ってしまいます。出来上がった作品が上手くいっても上手くいかなくてもこの夏に頑張った時間が必ず未来への蓄えになります。

ここ東京西池袋にはみんなの熱い想いに共感し共有できる場所があります。そして先にたってくれる先輩達がいます。暑さに負けず、熱い、熱い夏になるよう頑張りましょう!

 

 

2014080502

 

みんな集中して良い緊張感をもって制作しています。(シャッター音気になったかな?ごめんなさい。)

 

2014080503

 

頑張れ!(エアコンも・・・。)

 

第24回特別授業、スケッチブック・ワークショップを開催しました。

海外美術留学準備コースです。

8月3日に、第24回となる留学コース特別授業を行ないました。今回講師にお迎えしたのは、留学コースで2010〜2011年にかけて留学準備をし、イギリスのUCA芸術大学、BAファッションテキスタイルで3年間勉強し今年卒業、そして今秋、見事世界の名門校とされる大学院、Royal College of Artsに合格された権瓶千尋さんです。

権瓶さんのテキスタイル作品は本当に素敵なのですが、彼女のスケッチブックも素晴らしく、ぜひともスケッチブックのワークショップをしてほしい、と今回こちらからお願いしました。

まずはスクリーンに権瓶さんのスケッチブックを映し出し、ご自身の体験談を混ぜながら、スケッチブックはどのようなものか、どのような時に必要とされるのか、をお話いただきました。日本ではあまり馴染みがないのですが、海外ではスケッチブックを見せるのは当たり前。要するに、スケッチブックは常に見せるもの、見せるためのもの、と言っても大げさではありません。ですから、ただ文字が並んでいる物ではなく、視覚的にも伝わりやすい物を目指します。

留学コースでは、いつもスケッチブックの大切さは話しているのですが、やはり留学中の学生の話はとてもリアルに伝わってきたようです。特に今年大学院RCAを受験した時に用意したスケッチブックの話などはなるほど、と思いました。権瓶さんのワークショップはとても分かりやすかったです。

その後、権瓶さんと留学コース新講師の新井先生に留学中の体験談を聞かせて頂きました。学校のことから生活環境、インターンのお話まで、いろいろなお話をして頂きました。

権瓶さん、一時帰国中のお忙しい中、とても貴重なワークショップを本当にありがとうございました!秋からRCAでも頑張ってくださいね。今後のご活躍をお祈りしています。

詳しくは留学コースホームページ、イベントレポートもご覧ください。

スケッチブック・ワークショップ

夏季講習会中期コースがスタート!

こんにちは。☆★学院からです。

8月4日(月)から中期コースが始まりました。

どばたの夏季講習が最高MAX!になるタームです。

全国の受験生・高校生がこの講習で実力アップを目指します。

現在受付中の8月18日スタート後期コースは、各科コースすべて定員制です。

すでに定員締切になったコースや定員間近のコースもありますのでお申込みはお早めに!

なお、基礎科各コースは6日間単位で受講でき、高校の夏休みや行事の都合にあわせて学ぶことができます。

高校1年生、2年生のみなさん、この夏からのスタート。まだ間に合いますよ!

140804_IMG_0089

140804_IMG_0062

140804_IMG_0102

140804_IMG_0076

芸大・美大受験予備校 すいどーばた美術学院
〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00
TEL 03-3971-1641 / E-mail suidobata@suidobata.ac.jp