10月2015

日本画科 全国公開コンクール!

今年もまた全国公開コンクールがすいどーばたで行われました。

日本画科は今年も盛況で、デッサン、着彩ともに180名前後の受講者が集まり、10月の2週に渡り実施されました。ほぼ半分は外部生なので、全国の大まかな傾向が読み取れます。

今年はデッサン、着彩ともに1位になった生徒には冬期講習会の1コース無料券という太っ腹な賞品が贈られました。今ひとつ成績が振るわなかった生徒も、良かった生徒もこれを機に、またギアを入れ直してラストスパートに備えましょう!

コン3 コン2 コン1

 

防災避難訓練

こんにちは。学院からです。

昨日は、年に1度の防災避難訓練を実施しました。

火災が発生した場合の避難場所「上り屋敷公園」までの避難経路を確認し、

防災についての諸注意、消火器の使用説明と使用訓練をおこないました。

また現在、AEDは学院内に備え付けていますので、いざという時は、学外の方も利用できるようになっています。

災害、火災、事故はいつ何時身に降りかかってくるか分かりません。

まさかの時にどう行動したらよいのか。

この機会にご家族、ルームメイト、寮長寮母さん、大家さんなどと確認をしてみるのもよいかもしれません。

 

 

151027_IMG_1957-s

避難経路を確認!

 

151027_IMG_1966-s

火災時の注意事項を確認!

 

151027_IMG_1981-s

消火器の使い方を訓練!

 

151027_IMG_1985-s

実際の消火器でも

 

基礎科 月火クラス アクリルでデッサン

こんにちは、基礎科です。

今日は先日の月火クラスの課題を紹介します。

ホワイト、グレー、ブラック、三色の不透明描画材で石膏デッサンをしました。一般的に石膏デッサンでは、消すことが可能な描画材で、形を直しながら細部まで描写していきます。それに対して、今回は消すことが難しい(ホワイトで多少の修正は可能)で描きました。

20150928_2291_DSC_9398

月火クラス先生に、出題の意図を聞くと、
・部分ではなくモチーフ全体を大きくみる。
・どの部分を描いている時も他の場所との関係を意識する。
・あえて細部の描写がしづらい描画材を用いて細部を明暗で区切って見る。
・光と形がつくる大きな印象を大事に描く。
とのことでした。

これらのポイント、実はそのまま石膏デッサン全般に当てはまるポイントなのです。アプローチに少し変化をつけて、重要な部分を自然に意識してもらう、そんな課題でした。とはいっても、難易度は高い課題ですので、画面サイズを小さめにして画面全体の把握をしやすくしました。初日に先生によるデモンストレーションも行い、具体的なイメージを持ってもらいました。

20150928_2295_DSC_9402

約二時間の先生によるデモンストレーション作品です。色数を絞ってもしっかりとモチーフの印象、光線の状況など伝わってきます。絵筆のかすれを表現に取りこんでいるあたり、ニクいですね。

そしてこちらは生徒作品。

IMG_6548r

モリエールの持つ神経質そうな印象、左からの光線の状況などしっかりとつかんだ上に、背景にも意欲的に取り組んだ作品です。

引き続き、楽しみながら力を伸ばしていける課題を用意していきます。お楽しみに。

日本画科ゼミ週間

日本画科では毎年恒例のゼミ週間がありました。

今年は上野動物園での取材を元にした動物制作、民族衣装を着た外国人モデルの着彩、大きなモチーフを組んだ静物大着彩、金魚やベタなどの魚を構成した細密着彩などが行われました。

ゼミ1 ゼミ2 ゼミ3

 

10月に入ってからすいどーばた内の回廊に一部の作品を展示しました。

展示1 展示2 展示3

彫刻科研修旅行 中之条ビエンナ〜レ!

こんにちは。彫刻科です。
先月末ですが、彫刻科で研修旅行に行ってきました!
芸術の秋!行き先は群馬県の中之条町。
5回目の開催となる「中之条ビエンナーレ2015」を観に一泊二日で行ってまいりました!
S__6127728
天気も良く、大自然に触れながら、町のあちこちにある作品を楽しみました。
夜はカレー&バーベキューをしながら、歌い踊り語りつくし、お腹いっぱい(^^)
滞在中の作家も遊びにきてくれて、貴重なお話しも聞けました。

主任の西嶋雄志と工芸科講師の小林正樹の作品も出品されていて、普段の姿とは違った視点での関わりが持って新鮮でした。

ここからは受験モード一直線となります。10/31、11/1には全国公開実時コンクールがあります。
気を引き締めていきましょう!!!!
▶ すべて見る

都立総合芸術高校 公開実技模試。

こんにちは基礎科中学生コースです。

10月11日(日)に都立総合芸術高校公開実技模試が行なわれました。

都立芸術高校から総合芸術高校へ変わり年々難易度も高くなって来ています。

昨年度以上に盛り上がりを見せているどばた中学生コースですが、

模試当日は普段すいどーばたに通っていない人も交えてのアトリエ環境!だいぶ緊張していたようです。

結果としては今年度推薦合格した人の再現制作よりレベルの高い作品が多く制作されました。

また、早めに入試準備を始めようと昨年度より2ヶ月早い模試でしたので実力を発揮出来なかった人も。

いやいや本当の実力を付けるのはこれからですよ!

2015総芸模試7
制作風景
2015総芸模試3
講評会
2015総芸模試6
表彰風景

12月13日(日)に総合芸術高校公開実技模試(後期一般)の水彩を行なう予定です。

是非チャレンジして下さい。

総芸高模試の詳細はこちら

 

基礎科 ライティングレクチャーをおこないました

こんばんは、基礎科です。
今日、基礎科ではライティングレクチャーをおこないました。

光線と立体、空間の関係から、縁辺対比、見え方のメカニズムなどの基本から、実践的に入試での合格者参考作品にそれらがどのように使われているか、さらに進んで、それらを巨匠たちがどのように活かしていったか‥という内容でした。

DSC_9676

 

DSC_9684

 

DSC_9705

今日のレクチャーは実技の為の知識という枠を超えて、巨匠たちの作品の裏にはいったいどういった眼差しがあったのかを知ることができるレクチャーでした。来週の美術館見学につながる内容でしたね。

2015年度入試内容特集が完成しました

こんにちは、広報です。

本学院では毎年、入試内容特集という冊子を編纂しています。
そんな、「入試内容特集」の2015年度版が完成しました!

各大学の過去3年間(2015・2014・2013)の入試内容はもちろんのこと、
東京芸大・多摩美術大学・武蔵野美術大学を中心とした今年度の合格者作品も見所の一つです。

学校や専攻によって異なる「傾向・対策」や、入試データなど、今年も盛りだくさんの内容になっています。

催事などで配布しておりますので、ぜひ、お手に取ってご覧ください。
少しでもみなさんの受験のお役に立てれば幸いです。

【目次・掲載内容】
■2015年度芸大・美大合格者作品
■過去3年間の入試内容

東京芸術大学
武蔵野美術大学
多摩美術大学
東京造形大学
女子美術大学
女子美術大学 短期大学部
日本大学 芸術学部
筑波大学
東京学芸大学
愛知県立芸術大学
金沢美術工芸大学
京都市立芸術大学
沖縄県立芸術大学
桑沢デザイン研究所
創形美術学校

■2015年度学科入試問題と解答

 

2015年度入試内容特集

大学入試・入学説明会2015

☆★広報からお知らせです。★☆

下記大学入試・入学相談会に参加します。

(主催:大学新聞)

美術・デザイン系進学に興味のある方は、

本学院相談コーナーにお越しください。

会場:さいたまスーパーアリーナ 1階 展示ホール

日時:2015年11月4日(水) 15:45~19:00

所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心8

最寄り駅:各線「さいたま新都心駅」

詳細はこちら

saitama-arena01

 

中学生|2015年度 美術系高校 入試内容特集が完成しました

こんにちは、中学生コースです。

昨年に引き続き、美術系高校入試内容特集2015・2014・2013を作成しました。

美術・デザイン系高校受験も芸術・美術大学受験同様、一部の高校では難易度が高くなってきました。
また高校によって、実技内容が鉛筆デッサンのところもあれば、着彩を課すところもあります。
あるいは、実技検査がなく作品面接の場合もあります。
受験する高校や、推薦・一般入試による入試内容の違いを把握し、早めに対策をする必要があります。

なお、完成した冊子は、総合芸術高校模試やイベントなどで随時配布いたします。

WEB上にもアップしましたので、是非ご覧ください。
このページが、少しでもみなさんの受験のお役に立てれば幸いです。

2015年度 美術系高校 入試内容特集

2015cyugaku-nyushinaiyou-web-1

都立総合芸術高校 公開実技模試2015迫る!

中学生コースです。

10月になりました。いよいよ高校受験が近くなり、そろそろ志望校も絞る時期になってきました。

今年もすいどーばたでは「都立総合芸術高校 公開実技模試2015」を10/11(日)と12/13(日)に行います。
安定した合格実績を持つすいどーばた美術学院には、豊富な経験とデータがあります。

それらをもとに、入試で何を問われているのか的確に判断し、予想問題を出します。
採点では、これからの成長を加味しながら丁寧に採点します。
講評会では、作品の良い所や伸ばしていく要素、問題点などを的確に伝え、
これからの勉強方法を分かりやすくアドバイスします。
また、保護者の方への個別進学相談を行います。
ふるってご参加ください。

詳細・申込方法などはこちらから
↓↓↓↓↓↓
http://www.suidobata.ac.jp/pc/pdf/2015sougeimoshi.pdf

2015sougeimoshi-1

2015sougeimoshi-2

芸大・美大受験予備校 すいどーばた美術学院
〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00
TEL 03-3971-1641 / E-mail suidobata@suidobata.ac.jp