6月2016

日本画科の公開コンクール

日本画科です。

少し先の行事ですがお知らせします。

ここ数年行ってきた「全国公開実技コンクール」ですが、今年度は開催時期を変更する事になりました。

今年度は「全国公開芸大模試」としてセンター試験後に行います。

例年日本画科内で行ってきた「芸大模試」を拡大し、公開するような形を目指します。

デッサンと着彩を合わせての模試により、直前の総合的な確認の機会になればと思います。

夏季講習、冬季講習と合わせて一年間の流れでご検討下さい。

詳細な予定は秋に発表となります。

基礎科 専門課題の紹介 Part4 油画・静物油彩

こんにちは、基礎科です。

基礎科では専門課題週間中は将来の希望に合わせたコースの専門実技に取り組みます。
また、将来の選択に迷っている学生はこの機会に、候補の専門実技を体験することによって具体的なイメージを持つことができます。

今回は油画コースの専門課題、静物油彩制作の紹介です!

20160623 155941

多種多様な形、質感、色のあるモチーフです。
初めて油画を描く人もいましたが、物怖じせずに厚く塗っていて頼もしかったです!

20160623 160013

皆、自分なりの表現を模索して制作に励んでいました!

20160623 160013(2)

 一生懸命観察して質感に注目してみたり

空間が出るように狙ったり

下地効果を試したり

大胆な構成に挑戦してみたり

20160623 160013(3)

油絵具は物質的に強く懐の深い描画材料です。
いろいろな使い方を試して、自分の出来ることを広げていってほしいと思います。

基礎科では多様なクラスメートの作品を観れるので、進歩が速いと思います。
何事にも興味を持って自分の絵を発展させていきましょう!!

ディズニーの巨匠、Ron Husband先生によるドローイングセミナー

6月 25(土)、26(日)の2日間、 ディズニーの巨匠Ron Husband (ロン・ハズバンド)先生による

ドローイングセミナーがおこなわれました。

氏は、ディズニーで長く活躍されたアニメーター・アーティストで、

『ファンタジア2000』『ライオンキング』『美女と野獣』など多くの名作でアニメーションを手がけました。

今回は、本学院姉妹校の美術専門学校「創形美術学校」を会場としておこないました。

この「創形美術学校」は、「パリ国際芸術都市」の使用を認められた唯一の専門学校で、

今後も海外アーティストのセミナーやワークショップの実施、海外美術留学や海外美大との提携を

積極的に推進してゆきます。これからの創形美術学校のインターナショナルな活動は見逃せませんよ!

ところで、創形って、知ってる?

13512044_1337480196265298_461659369886501906_n

実際のモデルによるポーズのクイックスケッチの実技指導

13495248_1337480112931973_7070986807162485856_n

クイックスケッチ、サムネイル図面、アニメーション、イラストとの関係を解説

 

 

 

 

[どばたムービーフェスティバル] 作品募集中!

8月3日に開催される「どばたムービーフェスティバル」では公募作品を募集しています。

スマホ、もしくはタブレットを撮影・編集に使用した3分以内の映像作品で、テーマは「変身」。

「変身」というと、ウルトラマンや仮面ライダー、プリキュアやセーラームーン、トランスフォーマー、もしくはカフカの小説など、思い浮かぶものは人それぞれだと思います。

これらは身体やその能力が変化を遂げる、比較的直接的な「変身」の表現にあたります。なので主に特撮やアニメーション、CGが主な表現手段として用いられることになります。

 

ウルトラマン変身シーン集

https://www.youtube.com/watch?v=tKvSajk4qP4

 

プリキュア変身シーン集

https://www.youtube.com/watch?v=2NCUzbBFVaw

 

トランスフォーマー変形シーン集

https://www.youtube.com/watch?v=EA6gSdrrXLY

 

では「変身」を物語の題材として用いている実写の映画を挙げてみましょう。

まずラース・フォントリアー監督『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年)

先天的な目の病気を抱え、同じく失明の可能性のある子供と暮らすビョーク演じる セルマが、仕事や金銭的なトラブルを抱え徐々に追いつめられていく…という物語ですが、セルマが歌い、踊るミュージカルのシーンは唯一希望のある場面として描かれます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=N8FJyhnC2Eo

 

次にレオス・カラックス監督『ホーリー・モーターズ』(2013年)

銀行家、物乞いの女性、ごく平凡な父親から殺人者まで11人の人生を演じる男の物語。表面的な変装ではなく、人格までなりきる様はまさに変身といえます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=MBSNQjO3q2s

 

今回はこのあたりでまた次回、その他の表現方法について触れていきます!

公募作品〆切は7月29日。

詳細はこちらから

 

基礎科 自画像レクチャー

こんばんは、基礎科です。
先日は油画担当講師による自画像レクチャーがありました。

IMG_1013

過去の参考作品を紹介しながら、デッサンを描く上で具体的なイメージを持ちやすい内容でした。

 過去に行った、芸大生に挑戦という企画の時の作品。
さすがにキレがありますね!!

IMG_8113

IMG_8114

実際に制作するのは難しいアングルの作品などは写真を元に制作されていました。

 IMG_1001

写真からの制作、元になった写真データなどなかなか見ることの出来ない資料も紹介しました。
描きだしのデモンストレーションも!

 20160620_8441_IMG_1069

 

自画像は髪型服装、ポーズ表情、ライティングなどのセッティングの練習にもなるのでどんどん描こう!
鏡あればいつでもどこでも描ける!

銅版画を体験してみよう!

☆★学院よりお知らせです。★☆

姉妹校の美術専門学校「創形美術学校」では、

都内最大規模!の版画工房を開放し、

銅版画の体験講座をおこないます。

初心者の方には初歩から丁寧に技法をお教えしますので、

安心してご参加頂けます。

銅版画の深~い世界を堪能してみませんか。

ご希望の方は、下記までお電話ください。

すいどーばた美術学院 事務受付 03-3971-1641

または

創形美術学校 事務局 03-3986-1981

創形美術学校ホームページ


2016B無料銅版画講座

dohan_rgb_160526_3

 

デザイン・工芸科オープンコンクール

デザイン・工芸科昼間部です。
7月3日(日)に、芸大デザイン・工芸科のデッサンオープンコンクールを行ないます。
外部生の方々も、夏を前にすいどーばたで力試ししてみませんか?
参加無料です! 申込みの手続きはこちら☆

■ 内容:
工芸科 … 石膏デッサン
デザイン科 … 石膏デッサン、または構成デッサン(申込時に選択)

■ 日時:7月3日 (日)

■ 9:00集合(席の抽選あり)

■ 9:30~16:30 制作 (昼食 12:30~13:30)

■ 17:30~19:00 講評会

※場所:すいどーばた美術学院 デザイン工芸科
※持参物:芸大サイズパネル または 木炭紙判パネル、鉛筆デッサン用具一式、昼食
※用紙:支給します。

皆様の奮ってのご参加お待ちしてます。

夏季体験入学を行いました

先日 6月19日に夏季体験入学をおこないました。

たいへん多くの方々に集まって頂き、制作をおこなうアトリエは活気に溢れ、盛り上がっていました。

夏季体験入学では実技制作だけでなく、今後の勉強方法などについての面談や、芸大・美大 進学説明会、美術系高校 進学説明会など芸大、美大に関する疑問にお答えするイベントをおこないました。

IMG_3290

夏季体験入学は終了しましたが、基礎科体験  一課題体験 などまだまだ体験の機会がありますので、美術をはじめてみたいと思ったら、ぜひ「すいどーばたの体験」にお越し下さい。

持永貞子・中村幸喜展

デザイン・工芸科の持永貞子先生と、元講師の中村幸喜先生の二人展です。
現在会期中です。ぜひお越し下さい。

6月14日(火)〜19日(日) 12:00〜18:00 最終日17:00まで
櫻木画廊
台東区上野桜木2-15-1
tel/03-3823-3018
画廊公式サイトはこちら

omoteura

彫刻科 自由制作展2016やります!

彫刻科です。
自由制作展2016
毎年好例の彫刻科自由制作。

今年もすいどーばた美術学院の空間を舞台にして展示を行います!!

6月18日〜20日の三日間です。

内部生以外でもご覧頂けます。
ご家族の方やご友人の方も是非いらして下さい。

6月19日は体験入学も行われます。
体験に参加される方も是非ご高覧ください!

自由制作展示

基礎科 吉田 朗ゼミ

こんばんは 基礎科です。

基礎科担当の指導スタッフは、各個人でも制作や作家活動を行っています。
そんなスタッフの自己紹介・制作紹介を兼ねたミニゼミを時折開催しています。

第1回目は、彫刻・デッサン担当の吉田朗先生によるゼミを行いました!

DSC_5033

吉田 朗先生は現代美術の作家でもあります。
今年4月には、六本木のHideharu Fukasaku Galleryで個展が開催されました。

yoshidabanner3-e1457046620970

 主にFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を素材とした立体にエアブラシで繊細なペイントを施した作品を制作。また、香港最大の鉄道会社MTRの City One(第一城)駅に作品が常設展示されている他、日本一の宝くじ売り場、西銀座チャンスセンターの招き猫「宝猫」の制作など公共アートの分野でも活躍されています。

そんな吉田先生が初めて美術をはじめた頃のデッサン画像からゼミは始まりました。

吉田ゼミ使えそうな画像.003
彫刻科を選ぶきっかけとなったのは、コンスタンティン・ブランクーシの
彫刻作品との出会いだったそうです。
ブランクーシは20世紀を代表する抽象彫刻の巨匠です。
下の作品は有名なシリーズ「空間の鳥」。

吉田ゼミ使えそうな画像.001
同じくコンスタンティン・ブランクーシ「魚」

吉田ゼミ使えそうな画像.002
浪人しデッサンもうまくなりました。
さすが彫刻科らしい力強くて量感溢れるカッコイイデッサンですね!

吉田ゼミ使えそうな画像.004
そして多摩美術大学彫刻科に進学し、でも当時ヤサグレていた?(笑)
吉田青年がアルバイトで原型制作を担当したフィギアの話や

DSC_5016 (1)

影響を受けた、世界の現代美術作家の紹介に話は移っていきます。。

DSC_5028 (1)

A1mSu

DSC_5027 (1)

イギリスのダミアン・ハーストやドイツのハンス・ハーケなど
世界のアートシーンを牽引している現代美術家の話になりました。
美大受験からは遠い存在かもしれませんが、美術を目指す人はぜひ知っておきたい作家です。

吉田 朗先生も大学在学中から現代美術の世界で活動を始められ、2000年には、
テレビ東京「たけしの誰でもピカソ5美大対抗アートバトル」にて多摩美代表で出場。
ソーセージやベーコンなど食べられる食品を素材にした奇抜な立体作品で優勝されています!

以下は大学を卒業した後の作品です。


「そらむし」/ ”soramushi”, 2007


ボトムレスオマル」/ ” Bottomless Omaru”, 2008
なんとこれは「おまる」なアート作品!

「犬張り子 アトミッククラウド」/ ”Inu Hariko Atomic Cloud”, 2011

 「 犬張り子 錦帯橋に鷲」/ ”Inu Hariko kintaikyou bridge and eagle”, 2006、
旧日本銀行広島支店、広島

DSC_5041

香港最大の鉄道会社「MTR」の City One(第一城)駅に設置されている作品。
この作品は図面から制作工程までを紹介してくれました。


作品制作だけではなく設置方法まで、なかなか大変だったそうですが、
駅にこんな可愛い犬張り子がいたら楽しくなってしまいますね!

すいどーばた美術学院での受験時代の石膏デッサンから始まり、
その後、大学でそのデッサン力を生かしながら、いろいろな展開をして、
世界のアートに繋がっていく。。という夢のある大変楽しい話。
短い時間でしたが吉田 朗先生の作品世界、現代美術の世界を垣間みることができました。

これからも基礎科では、このようなミニゼミを企画していく予定です。
お楽しみに!

第10回 全国高校生デッサンコンクール

7月10日(日)開催 参加費無料!

全国の高校1、2、3年生が集い、実力を競い合います。

◎講評会で個別作品解説
◎上位入賞者には豪華賞品贈呈

昨年度は全国最大の735名の参加でした。
そして、上位入賞者から東京芸大に現役合格者が2名出ました!

現在の自分の実力を知りたい人、競いたい人、みんな集まれ!

特典
●【最優秀賞】夏季講習会1コース分の受講料を無料
●【優秀賞】夏季講習会1コース分の受講料を半額
また参加者のかたは全員、
2016夏季講習会申込料(5000円)の免除および、
2016年度入学金(20,000円)の免除特典を受ける事ができます。

申込締切は7月8日(金)17時30分まで

お申し込みはこちらから

 

 

[どばたムービーフェスティバル] 公募作品募集開始!

8月3日開催のどばたムービーフェスティバル、プログラムの目玉である公募作品の募集を開始しました!

スマートフォンあるいはタブレットを撮影、編集に使用し、3分以内の映像作品を作ってください。

 

公募作品第一回どばたムービーフェスティバルの募集テーマは・・・

 

「変身」

 

変身、メタモルフォーゼはアニメーション、ひいては映像作品において欠かせないテーマのひとつです。 特撮ヒーロー、魔法少女、おとぎ話、ミステリー、SF… なにかが姿を変える瞬間、それは世界の見え方が変わる瞬間なのかもしれません。 あなたの考える「変身」の魅力をぜひ映像という形にして伝えてください。

 

実写、アニメーションなどジャンルは自由。中高校生、予備校生、大学生、専門学校生であれば、個人でもグループ制作でもOK。一次審査はどばた映像コース教員が行い、選ばれた作品はムービーフェスティバルで上映されます!

当日、ゲスト審査員による審査が行われます。注目のゲスト審査員は・・・

 

梅沢和木

b57c4b_2b8c32335e3c468c8cdf1a109cd833b6

http://www.umelabo.info/

 

1985年生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒業。美術家。
インターネット上に 散らばる画像を集め再構築し、圧倒的な情報量に対峙するときの感覚をカオス的な画面で表現する作品を制作し、発表している。 CASHI及びカオス*ラウンジに所属。主な展示に「Empty god CORE」(2014年 B2OA gallery)、 「LOVE展:アートにみる愛のかたち」(2013年 森美術館)、「特別展 手 塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」(2013年 東京都現代美術館)、 「大地と水と無主物コア」(2012年 CASHI)、「カオス*ラウンジ2010 in 日比谷」(2010年 高橋コレクション日比谷)、等。

 

 

久野遥子

http://kunoyoko.tumblr.com/

http://kunoyoko.tumblr.com/

 

2013年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。アニメーション作家、イラストレーター。
少女や動物、ヤンキーをテーマにしたアニメーション、イラストレーション、立体物を中心に制作。主な作品にcuusheのMV「Airy Me」(2013年)、 おかあさんといっしょ番組内人形劇「ガラピコぷ〜」 OP (2016年)など。また岩井俊二監督の劇場長編作品『花とアリス殺人事件』(2015年)にてロトスコープディレクターを務める。

 

 

ノガミカツキ

http://katsukinogami.tokyo/

http://katsukinogami.tokyo/

 

92年製映像作家。ベルリン芸術大学でオラファーエリアソンに師事。武蔵野美術大学映像学科卒業。学生CGコンテスト20thグランプリ。文化庁メディア芸術祭19th新人賞、アジアデジタルアート大賞2015優秀賞。FILEWROScopitone等海外メディアアート祭に出演。VICEにアーティスト特集、WIREDDesignBoom、映像作家1002015など多数メディア掲載。group_inouやゆるめるモ!、ラブリーサマーちゃんのMV等を制作。

(敬称略)

 

まさに今をときめく3人の映像表現に関わる作家をゲストにお招きし、講評、審査をして頂きます。また、ご自身の作品を上映しつつ、活動や制作裏話なども伺います。

 

アイデアに溢れる映像作品を待っています!ふるってご応募ください!

詳しくはこちらから

いよいよ6月19日!体験入学!

こんにちは。☆学院からです。★
関東地方も先日梅雨入りしましたが、いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ、6月19日(日)には体験入学が行われます。
高校生以上を対象とした体験入学と、中学生を対象とした体験入学をご用意しておりますので、
お気軽にご参加ください。
同時に保護者のための進学説明会も行っております。
webからのお申し込みは17日(金)5時が〆切です。
電話でのお申し込みは03-3971-1641までどうぞ!

また、今年も7月10日(日)に高校生デッサンコンクールを開催します!

詳しくはこちらをごらんください
夏のスタートプログラム

2016kakitaiken

デザイン・工芸科 サタデーレッスンのお知らせ

こんにちは。広報です。

今日はデザイン・工芸科の講座「Saturday Lesson」のお知らせです。


サタデーレッスンは、普段昼間部には通えない現役生や、外部の学生に門戸を開いた講座です。
昼間部の土曜日の授業(一日完結)に一緒に参加し、実技のコツや知識を身につけていく講座になっています。
授業は一学期の5、6月と二学期9、10、11月の指定された土曜日を予定しています。

時間 9:30〜16:30 土曜日

6月の講座は、4.11.18.25日を予定しています。

詳しくはこちらをご覧下さい


さて、明後日にせまった6月2回目のSaturday Lesson。

私大系講座の内容が発表になりましたので、お知らせします。


*****


6/11サタデーレッスン私大グラフィック

課題

「任意の形」、「文字」、「1つの四角形」を組み合わせてイメージ構成

持ち物

B3ケント紙2枚、B3色紙2枚(色は任意)、糊、はさみ、カッター、筆記用具、

エスキース帳

※短時間で構成のバランスを鍛える課題です。(2時間制作×2)
画面内は一色の色紙を切ってできた形と一種類の英単語を用いて表現します。

「任意の形」は、「動き」を魅力的に感じさせるような具体的な表現、方法、画面をあらかじめ考えたうえで臨めると表現しやすいでしょう。


*****


お申し込みや詳細は、事務受付にお問い合わせください。


160609_sat

6月12日(日)進学相談会(さいたま会場)

こんにちは。広報です。

6月12日(日)12:30~16:00

大宮ソニックシティでおこなわれる

美術・デザイン進学相談会に参加します。

当日は、総合受験・相談コーナーを担当しますので、

進学について。実技勉強について。などなど、

なんでもご相談に応じます。

作品を持参すれば、アドバイスもいたします。

お気軽にお越しください!

また、当日は埼玉県美術系高校も参加します。

美術系高校進学をお考えの中学生も是非ご来場ください。

詳しいチラシはこちらからご覧になれます。

2015060715120000

 

基礎科 細密デッサン

こんばんは!
基礎科です

今回は前回のレクチャーを踏まえての、細密課題でした(゜∇。)!!! わお!

 

IMG_0730

はじめて細密にチャレンジする生徒がほとんどだったのでドキドキだったとおもいますが、
みんな真剣にモチーフのサザエと向き合ってました

IMG_0725

 

IMG_0739

中にはルーペを使って細部を観察する生徒も。

IMG_0716
5日クラスの生徒にはサザエ+ガラスキューブを描いてもらいましたー

IMG_0762

 

IMG_0760

 

IMG_0759

 

IMG_0763

 

IMG_0764

 

今回はたくさんの力作が生まれましたよーー
予想以上の仕上がりに基礎科講師一同驚いております

生徒たちにもたくさんの発見・収穫があったことと思います

次回は専門課題!今回得たものを次に繋げて確実にステップアップしてゆきましょう!

いーーけーーるーーーかーーーーー!

合格体験記がアップされています。

学院からです。

すいどーばた美術学院から、芸大美大に合格した方々に、自身の合格までの道筋を綴ってもらった
「合格体験記」が各科から集まってきています。
合格者のみなさんの、ひとりひとりの合格への道はそれぞれで、どの体験記からもリアルな感覚が伝わってきます。

これから受験をする人にとって、とても参考になると思いますので、是非ご一読ください。
goukekutaikenki

塑造体験してみよう!盛況でした。

彫刻科です。
先日の日曜日、6/5に「塑造体験してみよう!」をおこないました。

経験者から初心者まで幅広い参加者があり、それぞれ熱心に制作に取り組んでいました。

野菜・果物の塑造では約4時間もの間、一つのモチーフを作り続ける貴重な体験になったのではないかと思います。
2016_06_05IMG_3968

手の塑造では、ポーズから考えて心棒を組むところから始まります。
初めてとは思えない力作が揃いました。
2016_06_05IMG_3969

石膏像模刻ではアルカイックを制作しました。
このサイズになるとなかなか簡単に全体を掴むのは難しいので、初心者は苦戦しましたが最後には全体感をつかんできました。
経験者はもう一回り成長できるきっかけになったのではないでしょうか。
2016_06_05IMG_3970

これを機に、ますます塑造に興味を持っていただけたら幸いです。
環境を整えて、どんどん制作してみてください。
2016_06_05IMG_3993

「塑造体験してみよう!」は今後の開催は未定ですが、また時期を見ておこないたいと思います。
是非ご参加ください。
また、受験科でも「1課題体験」を行っています。
本格的に制作してみたい人は、こちらにもご参加ください。

彫刻科の5月

彫刻科です。

新学期が始まったと思ったら、もう6月です。早いですね〜。
彫刻科では毎年5月6月は基礎固めの課題を行います。
今年は5月にまとめて塑造のレクチャーを行い、粘土の扱い方や体の使い方、形の見方など確認しました。

はじめに人体の基礎、彫刻の基礎となる、骨格について学びました。
3Dソフトを使い、彫刻に照らし合わせながら理解を深めます。
IMG_3448
その後頭蓋骨を作り、そこから自刻像を制作。
IMG_骨格3

骨格レクチャーを踏まえ、模刻のレクチャーを行いました。ただただ写し取るということではなく、
骨格を読み取り、像を再構成することを学びます。
2016_05_12IMG_3477

続いて色々な種類の動物をモチーフに、捉え方や構造を学びます。
2016_05_20_IMG_3723

そして動物を使った、粘土クロッキー。
短時間で粘土を動かし、生き生きと動く動物を捉えます。
2016_05_20_IMG_3732

さらに、首像、模刻の粘土クロッキーも。講師のデモストもあり。
2016_5_25_3764

ゲタを制作
2016_05_26IMG_3813

奴隷を制作
2016_05_26IMG_3812

確認した基礎項目をこの後課題を行いながらしっかりと身につけていきたいですね。
一気に課題をこなしていく夏に成果が現れてくることを期待します。

6月はデッサンの基礎を行います。塑造で学んだことをここでも活かせます。
並行して自由制作も行いますので、幅広く表現を展開していけますね。
一学期中に受験を乗り切る力をつけましょう。