7月2016

基礎科 夏季講習・前期Ⅱ専門課題、始まりました!

こんにちは、基礎科です。夏季講習会の二週目、前期Ⅱの専門課題が始まりました。

デザインコースと工芸コースでは、色彩構成に取り組んでいます。
初めての生徒を対象に色彩レクチャー、画材説明を含めてデモストを行いました。

1 (4)
色には大事な三大要素「色相、明度、彩度」があります。
目的を効果的に視覚伝達するための重要な要素です。
制作中の指導や講評会でも、頻繁にこれらの言葉を使います。
そのため意味を理解して頂けるよう、最初にプリントを配ってレクチャーを行いました。

言葉の解説のあとは、いよいよ課題導入です。
まずはエスキース(計画)、アイデアをだします。

1-14-500

エスキースの段階から制作手順が分かるよう、解説しながらデモストを行いました。

1
アクリルガッシュを用いた水彩表現での基本的な描き方の解説も。

1 (6)
定規の溝を利用して筆で直線を引く「溝引き」も実演しながらコツを説明。
大変便利な技術です、ぜひマスターしたいですね!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

工芸コースのモチーフは色紙と鬼灯、ガラスコップです。
丁寧な観察による描写を心がけましょう。

1 (11)

工芸コースでは、色彩構成でも鉛筆による下描きをしっかりやります。
イメージを持ってもらえるよう、参考になるデモスト資料も配布しています。

1 (14)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

隣では油画コースが画材説明。

1-22-500


1 (3)
メディウムの説明をしています。
油絵の具は乾きが遅いので、メディウムを混ぜて早く乾かします。

 1 (8)

筆は使う色相で分けておくと、色が濁らなくて良いよね!

1 (9)

テレピン(溶き油)と筆洗油の説明をしています。
間違えないようにね!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

専門課題は二日間の制作です。

細かなところをおろそかにせず、完成度を上げていきましょう!

基礎科 前期Ⅱコース始まりました!

こんばんは、基礎科です。
夏季講習は全期とも最初の課題はデッサンです。
前期Ⅱの今回も、初めてデッサンに取り組む人も含め沢山の参加がありました。

1 (7)
前期Iで行った構図・明暗陰影レクチャーを、前期Ⅱから初参加の生徒さん対象に再度行いました。
(このレクチャーは、今後も全期で行う予定です。)

画材の使い方や描きだしの説明もしました。

1 (4)

画材が鉛筆で共通するデザインコース、工芸コース、日本画コースは合同で。
デザインコース講師がデモスト、日本画コース講師がそれを解説しました。

1

その隣では木炭を使う油画コース、彫刻コース合同で木炭レクチャーと描きだしのデモストを行いました。

1 (2)

当然、個別でも対応しております。
描きだしで画面を大きく離して、構図や大きなバランスを確認してもらっています。

1-51-500x600

生徒さんと年齢の近い東京芸大油画科在学生講師も親身に対応しています!

今回の石膏は「マルス」でした。

1 (8)

実物はパリのルーブル美術館に所蔵されています。

Ares_Borghese_Louvre_Ma_866_n01
Ares_Borghese_Louvre_Ma_866_n05

アレス『ボルゲーゼのマルス』
紀元前430年頃のアルカメネス原作、紀元前1世紀頃のローマン・コピー。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

初めてすいどーばたの講習会に参加された皆さん。

初日は緊張したことと思います。
でも、きっとすぐに制作に夢中になって慣れてしまいますよ!
チャレンジの熱い夏にしましょう!

基礎科 初めての方も安心です!

こんにちは、基礎科です。
基礎科の夏季講習は、6日間単位から参加することができます。
昨日で前期 I が終了しましたが、この先も以下の日程で講習が続きます。

前期 II  7/28〜8/2
中期 I   8/4〜8/9
中期 II  8/11〜8/16
後期     8/18〜8/23

これからのお申し込みでも間に合います!
夏季講習会で初めてデッサンに取り組む方も安心して下さい。各期の初日には毎回、鉛筆・木炭の削り方をはじめ画材の使い方を含めた描き出しのデモストレーションを行っています。また、デッサンの基本となる構図や明暗・陰影のレクチャーを予定しております!

1 (13)
初めての方には、鉛筆マニュアルも配布しています!

1 (3)

各生徒さんの内容やレベル、将来の希望の科に合わせて具体的な指導をしております。

 

随時、見学や相談も受け付けています。
経験が全くない方や初心者の方も、ぜひこの夏から始めてみませんか?

基礎科 夏季講習・専門課題始まりました!

こんばんは、基礎科です。
基礎科の夏季講習は、高校の行事や部活の予定と調整ができるよう、一週間単位から参加することができます。今日は一週目専門課題に取り組んでいます。

賑やかな彫刻コースの様子をご紹介しましょう!

アヒルを塑造してます!

1 (10)
担当講師は今春、東京芸大彫刻科大学院を修了された浅井先生。

生徒に混じってデモスト制作!
グイグイ粘土をつけていっています。

1 (2)

熱い人間世界をじーっと観察している
アヒルちゃんのつぶらな瞳。。

1 (1)
塑造は芯棒作りから始まります。
足の長さを気をつけつつ
シュロ縄はきつーーく締めましょう!
この後、芯棒にしっかりと粘土をつけていきます。

 1 (12)

粘土が付いてきましたね。
塑造に大事なのは、目線の高さ!フットワーク!押忍!

1 (13)

熱血指導!浅井!熱い夏!

1 (11)

教室には鳥類の骨格見本もあります。
中の形のイメージを持ちやすいですね。

1

いつもポジティブでテンション高い浅井先生、基礎科のムードメーカーです!
夏季講習に入り、ますます気合い入ってます!

彫刻に興味ある人、立体作品作りたい人、ゴジラ・怪獣好きの人!
ぜひ浅井先生に話しかけてみてくださいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

場所は変わって日本画コース。

1 (5)
きれい!
色を使って描きたくなります!

1 (6)
夏!

1 (4)
白板では構図のレクチャー。
日本画コース担当の齋藤先生も生徒に混じってデモストしています。

彫刻コースが「動」だとすると日本画コースは「静」でしょうか。
静寂な空気の中、皆さん集中して静物着彩に取り組んでいます。

油画コースでは静物油彩、デザインコース、工芸コースでは平面構成に取り組んでいます。
各コース専門課題、どんな完成作品が出てくるか楽しみです!

夏季講習会集合写真@その1

こんにちは。学院広報です。

7月26日、夏季講習会前期中のお昼休み。

今日は朝から曇り空でしたが、恒例の集合写真撮影を行いました!

吹き抜けの回廊に集まってもらい、1階から3階まで、写真に収めました。

撮影後にガリガリ君を配って終了!

楽しい撮影会となりました。

講習会生のみなさん、ありがとうございました。

中期もありまーす!

 

160726_IMG_4080

160726_IMG_4082

160726_IMG_4094

基礎科生が高校生デッサンコンクールのトップを獲得!

こんにちは、基礎科です。とってもうれしいニュースです。
先日の高校生デッサンコンクールでトップの栄冠を基礎科在籍の高校生2年生の生徒が獲得しました。

この高校生デッサンコンクールは888名もの応募があった、全国最大のデッサン実技コンクールです。例年、高校3年生が上位を占めることが多く、一位を2年生がとるのは非常に稀です。そんな中、基礎科で学んでいる生徒が一位を獲得してくれて、とっても嬉しく思っています。

作品はこちらでした。
01

右下の髪の毛の表情を活かす構図や画面中央の髪の毛から首元にかけての空間構成など、非常に計算された作品だと思います。コンクール全体講評の様子はustreamで配信しました。上位作品7点の講評の模様を見る事ができます(期間限定)。

彼女は昨年度から基礎科に在籍していて、 アクリルでのデッサン課題スプーン自画像課題などの課題を楽しみながら学び、力をつけてきました。

アクリルでのデッサン課題
20150928_2291_DSC_9398
スプーン自画像課題DSC_9087

すいどーばたの基礎科ではアニメーション実習そっくり模刻など 楽しみながら創造性を刺激する課題と、レクチャーやデモンストレーションを中心とした実技の実力を直接高めていく課題をバランス良く組み合わせながら授業を展開しています。

アニメーション実習
IMG_1125
そっくり模刻

IMG_7259

デモンストレーション&レクチャー20160217_862_DSC_2676

基礎科の生徒が高校生デッサンコンクールでトップをとったのが、これらのカリキュラムの一つの成果なのかと思うと、非常に嬉しく思います。

美術の楽しさを感じながら、入試で求められる力をつけていけるように、工夫を凝らしてカリキュラムを組み立て熱意をもって指導にあたっています。美術をはじめよう、学んでみようと思っているあなた、ぜひ一緒に「すいどーばた」で学んでいきましょう!!

基礎科 レクチャーとデモンストレーション

こんばんは基礎科です。
基礎科の夏季講習会が今日からはじまりました!

今日は石膏デッサンの初日でした。講習会生に向けて、レクチャーを行いました。

IMG_2717

画像は、「目を細めて大きな光をぼやっーと見ることをデジタルで再現」したレクチャーの一部分のものです。大きく光を捉えること、明部、強い暗部、反射光部の3色で認識することなどを中心に話しました。

夜間コースでは講師によるデモンストレーションも行いました。

IMG_9484
ラボルトの描きだしです。大きく面性を捉えつつ、しっかりと印象をあわせてきています。うまい!

講習会も内容盛りだくさんで、楽しくレベルアップできるような授業を用意しています。

基礎科の講習は

前期IIは7/28 – 8/2
中期Iは8/4 – 8/9
中期IIは8/11 – 8/16
後期は8/18 – 8/23

です。まだ申し込み可能です。すいどーばたで一緒に実技をはじめてみましょう!

夏季講習会・前期開始!

こんにちは★学院からです。

7月14日より始まった夏季講習会。

本日からすいどーばた美術学院 夏季講習 前期がはじまりました!

朝からあいにくの雨模様で、荷物も多くみなさん大変だったかと思います。

 

さて、今年も全国からたくさんの受験生が集まってます。

学院生とともにアトリエからはすごい真剣さが漂ってきます。

講習生は、たくさんの受験生と勉強する環境で貴重な体験をしてください。

学院生は1学期の学習を土台に大きく成長してください。

各コースはすべて定員制です。

定員まで残席わずかとなったコースもありますので、

お申込みはお早めに!

なお、基礎科各コースは1週間単位で受講できます。

高校の夏休みや行事の都合にあわせて学ぶことができます。

ご相談やお問い合わせお待ちしております!

 

160721_01

先生のデモストを見つめる真剣なまなざし

 

160721_02

熱気が伝わってきます!

 

160721_03

 

 

 

日本画科講習会追加開設のお知らせ

暑い夏、受験生にとって大切な夏、頑張っていますか?

すいどーばたの夏季講習日本画科後期コース夜間に追加です。

コース名は「BT4 夜間 人物特訓コース」着彩です。 

16kaki_jp

 

2017年度多摩美術大学、推薦及び一般入試課題は水彩「人物」と発表されました。

愛知県立芸術大学も人物出題の可能性が高いと思います。

この機会にしっかり対策しておきましょう。

BS4と同じ講習会費です。

詳細についてはお問い合わせ下さい。

 

基礎科 石膏デッサンの基本

こんにちは、基礎科です。
一学期最後の課題は石膏デッサンに取り組みました。

描き始めるにあたって、基本である構図やプロポーション、明暗のレクチャーを行いました。


5

 描き出しで最初に考えるのは構図ですね。
画面に対し適切な大きさで入れましょう。

7

 石膏デッサンの場合、頭部が画面のどの位置に入るかも注意が必要です。
適切な位置に収まっていないのに、無理やり構図を合わせようとすると、
全体のプロポーションに歪みが出てしまいます。

明暗・陰影についても話をしました。
陰影法は立体感を強調してくれます。

1

最初は細かく見ずに、明るい領域(光源の光が直接当たっている)、暗い領域(陰影)
ぐらいで見てあげましょう。

2

さらに暗い領域の中の、反射光も観察してあげると量感がでてきます。

3
顔の拡大写真を見ると、暗い領域の鼻の下面の中にも、
周囲からの反射が入ってうっすらと明るくなっているところがありますね。
ここを観察してあげることで鼻の高さ、立体感がぐっと出てきます。

今回は石膏「ブルータス」に取り組みます!

4
この像はルネッサンスの天才ミケランジェロの作品ですね。
頭部は本人、胸部コスチュームはお弟子さんによるものだそうです。
あまりに多忙だった師匠は、髪や耳を完成させないまま終えてしまったようです。

6

石膏デッサンにおける基本的な話をしてきました。

さて、どんな作品が出来上がったでしょうか?

DSCF9003

DSCF9004

DSCF9005
素晴らしい作品が出ました!

いよいよ7月21日より基礎科の夏季講習会が始まります!
是非、今回のレクチャーを生かして、これからもデッサンに取り組んで下さい!

海外美術留学準備コース教室変更のお知らせ

海外美術留学準備コースからお知らせです。

世界の有名美術大学へ多数の合格者を送り出している海外美術留学準備コースが

7月30日(土)より姉妹校の創形美術学校内で授業を行います。

場所はこちらをご覧ください。

池袋駅西口から徒歩5分とアクセスも非常に便利になります。

教室は6階。大きな窓からの眺めも最高!設備も申し分ありません。

今まで以上に便利で快適な環境で海外へむけて実技勉強ができますよ。

ご見学、ご相談承っております。ご希望の方は下記までお気軽にどうぞ!

海外美術留学準備コースホームページ

DSCN0618DSCN0598

アトリエからは新宿副都心が一望!夜景も綺麗です!

夏季講習会がはじまりました!

学院からです。

7/14(木)より夏季講習会 短期がはじまりました。

切磋琢磨し、実力アップにつなげてください!

すいどーばたスタッフ一丸となって、みなさんをバックアップします。

講習会は短期・前期・中期・後期の4期制で8月23日まで行なわれます。

各科コースはすべて定員制です。

まだまだ申込受付中ですが、前期・中期はコースよって締切になることが予想されます。

お申込みはお早めに!

夏季講習会についてはこちらをご覧下さい。

160714_1

着彩写生(1人1卓)は、すいどーばたならでは。

160714_2

160714_3

160714_image2

どばたTシャツつくりました☆

16_IMG_5423

短期・前期・中期・後期の各期初日は事務・教務スタッフ全員が着ています。
アトリエの場所や受付について分からないことがあれば、
ブルーのTシャツを目印に遠慮なくお尋ねください。

夏季講習会2016が始ります。

夏は暑い。夏は眩しい。夏は伸びる。

2016夏季講習会。14日(木)から開始します。

君の絵が。君の作品が。

すごくなる。

IMG_0201

 

 夏季講習会2016の詳しいことは、こちらからご覧ください。

2016年度 夏の高校生デッサンコンクール

本日7月10日  2016年度 夏の高校生デッサンコンクールを行いました!!
今回は申込者888名と非常に多くの高校生が参加してくれました。当日参加、高校参加ともに参加して下さった皆様、ありがとうございました。

今回の課題は「自画像を描きなさい」でした。単純な描写力だけでなく、十代後半の今どのように自分と向き合うかも問われる出題でした。

優秀者の作品には豪華賞品のほか、
●【最優秀賞】夏季講習会1コース分の受講料を無料
●【優秀賞】夏季講習会1コース分の受講料を半額
の特典が授与されました。

多くの人数で一斉に制作する模擬試験的な緊張感もあったと思います。このコンクールがいい刺激になってくれればうれしいです。今日の様子を画像で簡単に紹介します。

コンクール開始!緊張の瞬間。

DSC_5778

一点ずつ挙手により一次審査を行い、その後投票により上位作品の最終審査をおこないました。

IMG_9393

採点中は高校生デッサンコンクール特別企画として
「芸大合格者6名によるデモスト制作」   を開催しました。

この春に東京芸大にすいどーばた美術学院の彫刻科から合格した10名のうち、6名(うち3名は現役合格者!)に来ていただき皆さんに制作過程を見ていただく企画でした。

DSCF8991
DSCF8995

全体講評会では各科の先生から上位作品に講評がありました。

今回はustreamで全体講評の模様を配信しました!!

上位作品7点の講評の模様を見る事ができます(期間限定)。全国の高校から参加した皆さんもLiveで見る事ができたかと思います。

DSC_5800

皆さん真剣な眼差しで講評を聞いていました。この後、各アトリエに分かれて個別講評になりました。
今日一日、お疲れ様でした。7月14日からはいよいよ夏季講習会がスタートです。
夏の講習は実技レベルをを大きくアップ出来るチャンスです。「すいどーばた」でまた逢いましょう!

基礎科 橘貴紀ゼミ

こんにちは、基礎科です。

基礎科担当の指導スタッフは、各個人でも制作や作家活動を行っています。
そんなスタッフの自己紹介・制作紹介を兼ねたミニゼミを時折開催しています。

第2回目は、油画コース担当の橘貴紀(たちばな たかとし)先生によるゼミを行いました!
橘貴紀先生は、先日開催された六本木・国立新美術館での日洋会展や日展に出品されている油彩の画家です。

ゼミは、浪人の頃に一番影響を受けた作家、
「アルベルト・ジャコメッティ」の話から始まりました。

IMG_9367

アルベルト・ジャコメッティはスイス出身の20世紀を代表する彫刻家です。

ジャコメッティと舟越桂.004
長く引き伸ばされた人物彫刻が有名ですね。
絵画作品もたくさん残されています。

ジャコメッティと舟越桂.009
ジャコメッティと舟越桂.013

ジャコメッティと舟越桂.014
当時、矢内原伊作による『ジャコメッティとともに』も、愛読していたそうです。

そんな橘青年、受験時代の作品。

自分のレクチャー.004

自分のレクチャー.005

自分のレクチャー.014

油画科の受験生が、彫刻家から一番影響を受けたというのは意外でした!

そして大学生になった橘青年が次に影響を受けた作家がいます。

IMG_9373 (1)
舟越桂さんです。現代の日本を代表する木彫による彫刻家です。
人物という共通テーマに惹かれたのかもしれませんね。

そして卒業後から今に至るまでの作品を紹介してくださいました。

自分のレクチャー.017

人物だけでなく猫や犬も登場!

自分のレクチャー.018
自分のレクチャー.022

か、かわいぃ…

ヘッドホンが大好きだという橘先生。
ヘッドホンをしている人物画も沢山描かれています。

自分のレクチャー.025

自分のレクチャー.032

自分のレクチャー.038

自分のレクチャー.044

自分のレクチャー.045

自分のレクチャー.048

自分のレクチャー.049

自分のレクチャー.050
こんなにも作品に可愛い猫ちゃん登場するのに、実は橘先生、猫アレルギーなんだとか。。

自分のレクチャー.052

自分のレクチャー.053

自分のレクチャー.058

自画像でしょうか、先生に似ていますね!

日展2012受賞作品

日展2012受賞作品

 

最近描かれれた作品の工程も見せてくださいました!

自分のレクチャー.064
自分のレクチャー.067
自分のレクチャー.071
自分のレクチャー.072
自分のレクチャー.074

後半で急に男性の身長を高く修正しています。
背景も工程でどんどん変化していっていますね。
油絵の具は、タフで懐の深い画材なのが分かります!

絵画専門でも彫刻作品からインスピレーションを受けたり、
ジャンルを超えて幅広い作品を勉強することの大切さがわかります。
短い時間でしたが橘貴紀先生の油彩作品、作品世界を垣間みることができました!

次はどなたが登場しますでしょうか?お楽しみに!

[どばたムービーフェスティバル] 作品募集中!パート2

明日は参院選ですね!今回は18歳から参加できます。

投票の後はムービーフェスティバルに応募しましょう!

ちなみにどばたムービーフェスティバルは中学生から参加できます。

 

ということで、前回に続き『変身』について考えるための映像を少し紹介します。

まずは今回ゲスト審査員で来てくださる久野遥子さんの映像作品

 

https://vimeo.com/132292203

 

こちらは音楽チャンネルスペースシャワーTVの企画で、Instagram用に正方形の映像作品を制作を試みるというもの。可愛い(?) キャラクターが番組のロゴに変身する、まさにメタモルフォーゼ。

久野さんはMV『Airly Me』においてもアニメーションならではの変身・変態の手法を用いています。フェス当日にこのあたりのことを伺ってみたいと思っています!

 

https://vimeo.com/70463623

 

続いてミュージックビデオ Grace Jonse 『Corporate Cannibal』

 

https://www.youtube.com/watch?v=Cc61C-VsTko

 

アンディ・ウォホールのミューズとしても知られるグレイス・ジョーンズの2008年発表の楽曲のMVです。こういった実写でフォルムを抽象化する試みもおもしろいかもしれませんね。

 

日本のアイドルポップユニットPERFUMEが2013年にカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルで披露したステージは圧巻でした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=gI0x5vA7fLo

 

プロジェクションマッピングも変身を想起する手法のひとつですね。しかもこれは身体や衣装の動きに合わせてリアルタイムで投影する高度な技術が用いられています。ライゾマティクスの真鍋大度氏によるもの。

 

 

さて、ここまでいくつか見てきましたが今回のムービーフェスの公募はスマホ・タブレットを使用するという条件なので、決して高度な技術を求めているわけではありません。それよりも、「変身」をどう捉え、どう見せるかというアイデアを求めています。

 

そこでスマホでの映像編集に便利なアプリをご紹介。

 

まずはApple iMovie。Macユーザーにはなじみがありますね。iPhoneの機種によってはデフォルトで入ってると思います。

https://itunes.apple.com/jp/app/imovie/id377298193?mt=8

 

続いてAdobe Premiere Clip。 Premiereは映像編集ソフトとしてとても優秀で、これはそのスマホ版。iOSでもアンドロイドでも使えます。

http://www.adobe.com/jp/products/premiere-clip.html

 

コマ撮りだとストップモーションスタジオが便利です。

http://gigazine.net/news/20141229-stop-motion-studio/

 

 

公募作品〆切は7月29日。たくさんの応募をお待ちしています!入賞者には豪華賞品も!

詳細はこちらから!

基礎科 アニメーション実習

こんばんは、基礎科です。
あっという間に学期末ですね。
一学期後半のイベントとして、全員で一本のコマ撮りアニメーションを制作しました!

最初に映像科の大山先生よりいろいろなアニメーションを紹介、解説してもらいました。

IMG_1114
IMG_1111
イメージが湧いたところで制作開始です!

IMG_1120

IMG_1124
絵コンテ用紙で計画を練ります。

IMG_1129

隣同士でコマを繋ぐところだけ合わせたら自分の担当部分は自由です。
早速なにやら面白そうなキャラが登場していますね。

IMG_1125
彩色も自由です!

IMG_1126
画材も自由!

IMG_1135
皆さん何時にも増して?ものすごい集中しています!

IMG_1145
集中・・・

IMG_1138
そしてついに、締め切り時間がやってきました!

DSC_5684

どーーーーん

短い時間にもかかわらず、
なんと2557枚の手描き原画が集まりました!!!
楽しみ!!!

IMG_1083
デザインコース担当の渡辺先生も仕込み中。。。

この後、K先生が白眼を剥きながら全枚数スキャン。
デジタルデーターに置き換え徹夜 ? で編集。
お疲れ様でした!

いよいよ上映会が始まりました!

DSC_5764

では、完成した作品をご覧ください!

多大なご協力頂いた映像科の先生方、
有難うございました!!!

映像科では、8月3日「どばたムービーフェスティバル」が開催されますよ!
公募作品〆切は7月29日。

詳細はこちらから

全国高校生デッサンコンクール 申し込み締め切り迫る!

7月10日(日)は高校生デッサンコンクールです。 参加費無料!
今回で10回目を迎えます。なんと参加者からは3年連続、東京芸大現役合格者が出ています!

20160707-1

◎講評会で個別作品解説
◎上位入賞者には豪華賞品贈呈

昨年度は全国最大の735名の参加でした。
現在の自分の実力を知りたい人、競いたい人、みんな集まれ!

特典
●【最優秀賞】夏季講習会1コース分の受講料を無料
●【優秀賞】夏季講習会1コース分の受講料を半額
また参加者のかたは全員、
2016夏季講習会申込料(5000円)の免除および、
2016年度入学金(20,000円)の免除特典を受ける事ができます。

申込締切は7月8日(金)17時00分まで

お申し込みはこちらから

 

 

銅版画無料体験!

☆★学院よりお知らせです。★☆

「銅版画無料体験」は、すいどーばたの姉妹校の美術専門学校「創形美術学校」で
現在開催中です。

7/30(土)・31(日)の講座(間接法/腐食)が定員となりましたので、
(間接法/腐食)の日程を1日追加して開催致します。

追加された日は8月6日(土)13:00〜16:00です。

また、9/10(土)〜11(日)のメゾチント技法(直接法/直刻)の講座も、

引き続き募集しています。

 

初心者の方には初歩から丁寧に技法をお教えしますので、

安心してご参加頂けます。

銅版画の深~い世界を堪能してみませんか。

ご希望の方は、下記までお電話ください。

すいどーばた美術学院 事務受付 03-3971-1641

または

創形美術学校 事務局 03-3986-1981

創形美術学校ホームページ

 

2016C無料銅版画講座2016_n_ura_cs3c

 

女子美術大学付属中学校・高等学校「美術のひろば」

こんにちは。広報です。

女子美術大学付属中学校・高等学校の催事をSAS Blogでもご案内いたします。

美術の先生、美術に関心がある小学生・中学生・保護者が参加できる夏休みワークショップです。

詳しい内容はこちらから。

H28_ひろば_パンフ_小中用0621版 16joshibi_2


芸大・美大受験予備校 すいどーばた美術学院
〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00
TEL 03-3971-1641 / E-mail suidobata@suidobata.ac.jp