8月2016

基礎科 夏季講習会お疲れさまでした!

こんにちは、基礎科です。
5週間にわたった夏季講習会が、昨日の専門課題をもって終了しました。
日本全国から沢山の生徒さんが参加され密度の濃い熱い制作の日々。
充実の中、無事最終日を迎えることができました!

 

熱い夏が終わろうとしている…

1 (21)

いやいや 終わらせない!

1 (22)
エアー塑造

1 (39)


一昨日、13回目の映画ゴジラを見てきた浅井先生の指導棒

1 (8)

ビーナスの模刻

1 (35)

 

1 (29)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日本画コースは綺麗なモチーフ。

ああ、美しい。。

1 (6)

1 (5)
桃 美味しそう!

1 (24)
1 (30)

1 (32)
今回も齋藤先生がデモストしてくれました。
着彩の下描き。
なんと1時間半の仕事。すご!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

デザインコースもだいぶ和やかな雰囲気です。

1-182


1-264-500x503

 

1 (37)

橋本先生は藝祭実行委員。

「藝祭きてね!パンフ買ってください!」
東京藝大藝術祭は9月2〜4日です、行こう!

。。。。。。。。。。。。。。

油画コースでは静物油彩

1 (9)
1 (19)

1 (36)

混色のアドバイスをしている杖谷先生。
とっても親身な東京藝大油画在学の学生講師です。

1 (23)      
。。。。。。。。。。。。

デッサンコースでは、大きな量感の土管の静物デッサンに取り組みました。

1 (33)

思い切って色・調子をのせたり工夫して質感を出したり。
画材の使い方にもだいぶ慣れたのではないでしょうか。
今後もこの経験を生かして制作を継続してほしいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

すいどーばた基礎科のアトリエはいつも活気に溢れています!

1 (38)

1 (20)

 

しばしの休みに入りますが、9月からまた制作に励みましょう!
2学期も様々な課題やレクチャー、イベントが盛りだくさんです。
お楽しみに!

基礎科の二学期は以下の日程でスタートします。

・日曜コース  9月4日
・週5日コース 9月5日
・週3日コース 9月7日

未経験の方も初心者の方も、お待ちしております!

夏期休校についてのお知らせです

☆★学院から夏期休校についてのお知らせです。☆★

学院は、8月25日(木)から9月3日(土)までの間、休校となります。

(注意)

8月24日(水)PM5:30から9月4日(日)AM8:30までは学院内への立ち入りができません。

◆受付業務の休業期間

8月25日(木)から9月3日(土)まで

◆画材あ~るの休業期間

8月25日(木)から9月3日(土)まで

よろしくお願いします。

160619_0219

2016夏季講習会が終了しました。

こんにちは。学院からです。

7月14日から開始した2016夏季講習会も最終日となりました。

この夏、全国から中学生、高校生、受験生が集がまり、36日間、

すいどーばた美術学院・創形美術学校の2会場、127のコースで様々な課題に取り組みました。

この講習会で経験、修得したことが志望校合格に繋がっていくと信じています。

9月4日からは2学期が始業します。9月は第二のスタート時期です。

受験生はいよいよ受験に向けて本格始動ですね。

また、これから受験に向けてがんばろうと思っている高校1、2年生は実後勉強スタートの好機です。

まだまだ暑い日が続きそうですが、体調に留意して残暑を乗り越えましょう!

IMG_4220

IMG_4104

IMG_4124

160722_IMG_4034

20160813_10268_IMG_0529

IMG_4105

基礎科 夏季講習・後期の専門課題でもデモストやってます!

こんばんは、基礎科です。

夏季講習会も5週目、いよいよ最後の専門課題となりました。
今回も後期から初めて取り組む生徒さんに向けてレクチャーや画材説明デモストレーションが各コースで行われました。

デザインコース、工芸コースでは、色彩レクチャーからデモストまでを渡辺先生が担当しました。

1 (10)
色彩構成でよく使う言葉「色相・彩度・明度」についての説明をしています。

1 (11)
アクリルガッシュの基本的な技法説明を兼ねたデモストもしました。

。。。。。。。。。。。。。。

右隣では日本画コースが静物着彩に取り組んでいます。

1 (1)

こちらは日本画コースの齋藤先生デモストです。

1-47-500x365

下描きの途中です。床の安定感が半端ねーっす。
1-37-500x384

 

なんとこれで2時間の仕事、
すごっ!!!
魔法のように進んでいくのです。ため息。。。

 1 (13)

生徒さんたちも続けとばかりに集中して制作してます!

1 (14)

いい感じ!!!
完成楽しみ!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

左隣では油画コースが静物油彩に取り組んでいます!

1 (2)

1 (15)

油画チームは、描いている姿も画材の突散らかし具合も作業着も個性豊かです!

1 (12)

今週は、台風一過。。
土砂降りの雨の中、頑張って登校して制作しています!

1 (16)

制作に没頭していますね!

色と戯れて本当に楽しそうです!
そんな姿を見ると我々スタッフも嬉しくなります。

。。。。。。

 基礎科では、楽しく課題に取り組んでいます。
2学期9月からの新規入学生を募集しています。

是非、あなたも一緒に制作してみませんか?

中学生コース 夏季講習が終わりました!

本日で夏季講習後期日程が終了しました。

初めましての子も今まで通っていた子もこの短い期間でグンと成長したと思います。

20160818_0848_DSC_6923-500x747
 
先生も真剣!
 
20160818_0853_DSC_6928
 
生徒も真剣!
 
20160818_1106_DSC_6916

image3-2
 
岡田先生も一緒にデモストしてくれています!
 
20160823_1334_DSC_7357 (1)
 
講評を真剣に聞き入っています
 
image2-2

今日の授業や生徒たちの様子を思い浮かべながらブログをアップしています。

たのしそうですね!

image3
 
教務さんたちのおかげで授業もスムーズに!
 
image4-500x374

谷津先生のお手本です。描き始めから質感の違いを意識して仕上げていきます。

生徒たちもとても勉強になりましたね

image8
 
女子に囲まれる王子〜!流石です。笑

台風もありましたが雨の中皆さんよく頑張りました(涙)

この夏、真剣に取り組んだその努力はきっと実ります。

さらに上を目指して頑張っていきましょう‼︎

東京藝大「藝祭」はっじまっるよーーー!

こんにちは、基礎科です。

8月が終わるといよいよ芸術の秋がやって来ます。
芸術の秋といえば、東京藝術大学「藝術祭」

基礎科デザインコース講師で藝祭実行委員の橋本先生よりお知らせです!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今年もやってきました!藝祭!!!!

今年のテーマは「応答せよ、応答せよ」

芸大生が死力の限りを尽くして作り上げた藝祭に、皆様どう反応し、応答してくれるのだろうか?

一年生が作った圧巻の御輿に法被、芸大生の作品展示、音楽学部での演奏などなどイベントが盛りだくさん!

ステージイベントではスペシャルゲストもお越しいただきます!特に作品展示では普段の授業で制作した作品も展示してあり、美大に進学したいと考えている学生は必見です!

美術に興味があるなしに関わらず楽しい時間を過ごせることを約束します!

9月の2、3、4日の三日間が開催期間となっておりますので、ぜひ東京芸大上野キャンパスまでお越しください!

IMG_2861


IMG_2860

待ってます!

1

藝祭のパンフレットが大変おすすめなので是非手に入れてください!

デザインコース橋本

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

日本画2年生では毎年「光琳」という模擬店出店しています。
きてね〜!
今年は、麻婆丼です!

日本画コース廣冨

IMG_20160811_191709_968
(似顔絵)

8月22日(月)授業について(お知らせ)

本日の授業は平常通りおこないます。

台風9号の影響により、今後交通機関にも大幅な乱れが生じることが予想されます。

登校については、各自状況をよく確認されて、安全確保を第一に無理のないよう判断してください。

宜しくお願いいたします。

 

 

東京藝術大学 平成29年度入学者選抜要綱

広報からおしらせです。☆

東京藝大平成29年度入学者選抜要綱が修正して公表されています。
こちらからご覧になれます
なお、今年から冊子の配布は無くなりましたのでご注意を!

untitled

 

本日、二期特待生の募集締め切り

芸大・美大の進学に安定した合格実績をもつ本学院では、美術に優れた資質と美術を志す情熱をもった
受験生を、本学院在籍経験の有無を問わず、下記の要領で広く特待生を募ります。
特待生に認定された方には入学金の免除、および授業料を選考のうえ最大100%まで減免します。
 
募集科
油画科・日本画科・彫刻科・工芸科・デザイン科
 
実施日程
8月1日(月)、8月13日(土)、8月21日(日)
 
応募資格
学外生で、2016年9月から2017年3月までの間、本学院昼間部に就学できる方
 
応募受付期間
6月1日(水)から各実施日の前日必着
 
申し込み方法
[WEB]申込フォームからお申し込み
[窓口]申込用紙を直接すいどーばた美術学院事務受付に提出
[FAX]申込用紙を当学院宛にFAX送信(FAX:03-3971-3238)
[FAX]申込用紙を当学院宛に郵送
 
会場
本学院(会場案内は当日、本館正面玄関前に掲示します。)面接時間は各科より指定します。
 

 

16tokutainiki1

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.suidobata.ac.jp/pc/news/topicks16/topicks_16tokutai.html

基礎科 夏季的色彩

こんにちは、基礎科です。

暑い日々が続いてますね。

そんな真夏の制作でもアトリエの中ではカラフルで綺麗で涼しげなモチーフに取り組んでいます!

1 (14) のコピー
モチーフの色とりどりガラスキューブ。

ゼリーみたいで美味しそう。。

ゼリー食べたい。。。

日本画コースでは細密着彩に取り組んでいるようです。

1 (8)
メインはサザエさん

1 (6)
1 (7)
デッサンとして完成しそうなくらいの日本画の下描き。。。
床との関係もいい感じ。

1-28-500x417

竹内先生、加筆指導!

1 (27)
とっても優しい竹内先生、動物も大好き。

さて、どんな完成作品が出たかしら…

1 (24)

1 (25)

1 (26)

G J!  素晴らしい!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

工芸コースは夏祭りのようです。

1 (4)

こう暑いとキンキンに冷やしたラムネ、飲みたくなりますねー

支給モチーフの時は授業後、貰えます!飲めます!

1 (2)

工芸コースでも丁寧にしっかりと下描きをしています。

その方が的確に色を置きやすいのですね。

1

水風船とラムネ瓶の透けかたの違いもいい感じ!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

デザインコースでも涼しげなモチーフ!

1 (1)

デザインのスタッフはどこから、こんなイカしたモチーフ見つけてきたのかしら…

網走の定番土産なんだとか、舐めてみたい。。。

1 (19)

夏野菜の大葉、夏バテにも良いそうですね。

天ぷらもいいし、ミョウガとのコンビもよかです。

1 (3)

今回も木村先生が、初めて色彩構成に取り組む生徒さん対象に、

画材説明兼ねたデモストレーションをしてくれました!

1 (15)
絵の具アクリルガッシュの表現いろいろ。
水彩表現や平塗り表現、ボカシ、溝引き…

そうそう、レモンは疲労を回復させて夏バテで弱った内臓を回復してくれるそうですよ。


1 (16)
1 (5)
明るい側と影側の色の作り方・混色も参考になりますね。

。。。。。。。。。。。。。

いよいよ夏季講習会も終盤になってきました。
夏バテしないよう、しっかり食べて乗り切りましょう!

きっと秋にはワンランク上のあなたになっているはず☆

基礎科 夏季講習・デッサンコースでもデモスト!

こんにちは、基礎科です。
基礎科の夏季講習デッサンコースも熱いです!

まだ進路の科が決まっていなかったり、まずは基礎力を!という生徒さんが多数参加されています。
その様子を少しご紹介いたしましょう。

先日はコウライキジの剥製の素描に取り組みました。

1-163-500x534

1 (3)

日本画コース担当の廣冨先生がデモストをしてくれました。

1 (5)

まさにお手本、バランスの良い進め方!

1 のコピー

約3時間半で、すでにこの見え方!
流石です!

1 (15)

生徒さんたちも全体的に進めていて良い感じです!

1 (6)

とまり木の質感の描き分けも大事ですね。
質感の対比で画面がよりメリハリがついて豊かに見えるようになります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

次の3課題目はお盆真っ只中。
弥勒様の石膏静物デッサンに取り組みました。

1

 

1 (8) のコピー
様々な質感、固有色の対比のあるモチーフセットです。
思い切った強い色も積極的にのせていきたいですね!

1 (4)

東京芸大入試にもよく登場する石膏の弥勒様

本物は京都最古の寺院、広隆寺に安置されている「弥勒菩薩半跏思惟像」です。

Maitreya_Koryuji

国宝彫刻の第一号なんだそうです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

お盆過ぎて夏季講習会も終盤です。
残暑厳しき折り、皆さんも体調をくずされませんようご自愛下さい。

基礎科では講習会中だけでなく2学期からの平常授業でも、デッサンコースがあります。

将来の科に迷われている生徒さんは、デッサンコースに所属しながら、体験してみたい各科の専門課題(油彩や粘土塑造、静物着彩や色彩構成など)に参加することができます。また映像や先端芸術表現、芸術学、建築、海外留学希望の生徒さんにもそれぞれの担当講師が面接をし、受験までの今後の勉強方法について相談いたします。

迷っていたり不安が多い方は、基礎科デッサンコースから参加されてみてください!

基礎科 夏季講習・後期、始まりました!

こんばんは、基礎科です。

夏季講習最後の後期が新たに始まりました。
最初の課題は、石膏デッサンです。

今期も新品の画材を抱えて、初めて参加される生徒さんが多数います。
そんな生徒さんを対象に構図・明暗レクチャー、その後に画材の説明兼ねたデモストレーションを、鉛筆と木炭それぞれで行いました。

今回の石膏デッサンの構図・明暗レクチャーは、デザインコースの渡辺先生が担当してくれました。

1 (6)

初日なので緊張の面持ちで集中して聞いている生徒さん達。
。。。。。。。。。。。。。。。

プロジェクターによるレクチャーの次は、画材の説明兼ねたデモストレーション。
木炭デッサンの説明は、彫刻・デッサンコースの浅井先生が担当してくれました。

1 (11)
「デッサン描く前に、クロッキーを色々な角度からしたりすると自分の中の像の情報が増えるよ」

1 (1)

木炭の芯抜きを説明する浅井先生。
2週間ぶりの復帰です。
熱狂的なゴジラファン、
今日までに12回も映画に通いエネルギーをためてきました。
気合十分!

1 (18)
「ほら、芯見えるよね」
「これを芯抜きで抜くんだよ!」

1 (20)
ガツガツ大胆に炭をのせていく浅井先生。

1 (22)
木炭はいろいろ種類があります。
いろいろ試して自分のお気に入りが見つかるとよいですね!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

鉛筆デッサンの説明とデモストはデザインコースの野口先生が担当してくれました!

1-74-500x349

東京芸大デザイン科在学の野口先生は、まだ十代です!
生徒さんと一番年齢の近い先生です。どんどん話しかけて仲良くなってくださいね。

1 (21)
1-171-500x566

1-233-500x423

丁寧に印象をとりながら陰影の調子(トーン)をつけていく野口先生。
うまいです、さすが!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

基礎科の教室には、各科の参考作品が並びます。

1 (10)

1 (14)
1 (13)

1 (24) のコピー

1 (26) のコピー

それぞれの科の良いところを学ぶことができます!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今回の石膏は「ガッタメラータ」

1 (3)

本物はイタリアのサンタントーニオ・ダ・パードヴァ聖堂の正面広場に設置されています。

Gattamelata
Gs287

ブロンズの騎馬像「ガッタメラータ将軍騎馬像」

ルネッサンスに活躍した彫刻家ドナテッロによる作。
東京芸大の大石膏室でもこの騎馬像の複製を見ることができます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これから始める人も、継続して制作している人も
夏季講習はあと五日。

集中力を切らさず駆け抜けよう!

基礎科 夏期講習・中期2の専門課題もデモストしました!

こんばんは、基礎科です。

中期Ⅱの専門課題に取り組みました。
基礎科の夏期講習は4週目になりますが今期から初参加の生徒さんに向けて、各コースで画材説明やデモストレーションを行いました。

デザインコースは紙の立体構成でした。
導入は橋本先生が担当してくれました。ちなみに橋本先生は紙立体の出題で東京芸大合格しています!

1 (22)
接着剤のセレクトから、のりしろの取り方、カットの極意など実演しながら教えてくれました。
紙立体の制作工程を聞ける機会は貴重です!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

工芸コースは木村先生が実演指導。
水粘土での立体構成のコツを伝授!
まずは粘土を練ってやわらかさをコントロール。
粘土の硬さを調整するのも制作の上で大変重要です!

1 (26)
そこから幾何形態の作り出しをスピーディーに実演してくれました。

1 (23)
定規をうまく使いましょう!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

彫刻コースは中里先生が作り出しを実演指導!

「アルカイック」の塑造に取り組みました。

1 (1)

普段のゆるい感じと違って制作に入るとモードがキリッと変わる中里先生。
中里先生は芸大彫刻科大学院出身。木彫制作で活躍されている彫刻家でもあります。

1 (2)
1 (6)
目つきが鋭い!

1-301-500x466
動きが速い!
こんなに遠くから見ている。

体育に近い感覚でした。ガンガン動いて離れて確認していたのが印象的でした。

1 (12)

 約1時間の粗付け。大きな量を掴んでいます。

 はじめてでも安心してはじめられる、はじめて見る実技のレベルがハイレベル!

すいどーばた基礎科の夏季講習会は、デモストやレクチャーをふんだんに行い親身な指導をしています。
いよいよお盆明けは、夏季講習会最後の後期コースが8月18日より始まります!
これからのお申し込みでも間に合います!
初めて実技に取り組まれる方も大丈夫ですよ。
ぜひ参加してみてくださいね!

基礎科 夏季講習・専門課題 静物油彩

こんばんは、基礎科油画コースです。

中期2(8月11日〜16日)が今日で終了!お疲れさまでした。
1課題目の共通デッサンを終え、3日目から各コースに分かれて専門課題に取り組みました。

課題は静物油彩で、モチーフはプレス缶とオーナメント。

20160813_10203_IMG_046020160813_10185_IMG_0442-500x33320160813_10169_IMG_0423-500x329

 まずは初心者へ油絵具や油の種類・特徴、道具の使い方などをレクチャーしました!

20160813_10174_IMG_0428

水彩は水が蒸発して固まるのに対して、油絵具は酸素と結びついて固まるのでドライヤー等で風や熱を使って早く乾かそうとしても乾きません。。。

厚塗り等をするときには速乾剤のメディウム等をしっかり混ぜるのがおすすめです。

 そしていよいよカラフルでギラギラしたモチーフにきらきらギラギラした目でそれぞれ挑みます。

 20160813_10267_IMG_0527-500x33920160813_10205_IMG_0462 20160813_10268_IMG_0529描いてる姿って素敵ですね!

服や持ち物などの好みや人間性、さらにそれらとのギャップまでも絵から感じられて、見ているのがとても楽しかったです!みんなキャラ濃いなぁ〜

そして、絵を描くために最もと言っていいほど重要なのが筆洗い・・・!

20160813_10171_IMG_0425

筆も毛質、形、長さと種類はいろいろですが、絵の具を付けたまま放置してしまうと固まってダメになり、使えなくなってしまいます。

ウエスと揮発油などを使ってしっかり絵の具を拭き取り、筆洗液で良く洗った後、固形石鹸を使って手のひらでぐるぐると根元から汚れが取れるように洗います。色のついた泡が出てこなくなったら、水でしっかり洗い流して終了です。

余談にはなりますが、人によっては一緒にお風呂に入り、自分の髪の毛を洗うようにシャンプーとコンディショナーまでする人もいるようです!愛ですね♡♡♡

 

そして2つ目の専門課題も静物油彩。

IMG_0803IMG_0731いろんな素材のモチーフがならびました。

 

1課題目に受けた講評や反省を生かして、2課題目は下地作りのレクチャーからスタートです。

失敗や反省を生かして自分にあった描きすすめ方を模索していきます。

 

IMG_0635IMG_0721IMG_0730

モチーフのどこにキュンとしたか、自分の課題点や得意なことは何なのか、絵をみた人をどんな感情にさせたいか、どんな絵を描きたいかを最初の段階で明確にして完成イメージをまとめたエスキースを作ります。

 

油画は”油”画というものの、油彩課題では画材はだいたい何を使っても大丈夫!笑

描きたい絵のイメージをしっかり持って、それにむかってどんどん突き進みます。

マイワールド全開でいきましょう!

IMG_0782-500x333

/買いたての広角レンズのおかげでアトリエが一望できる写真が撮れるようになりましたヨ! \

最終講評。

同じモチーフを描いているのに想像を超える発想やそれぞれの表現で個性豊かな作品が一斉にならびました。

これぞ油画の醍醐味!

DSC_6887 (1)

(講評しているところの写真を取り忘れていたので片付け中のところtake2で撮らせてもらいました!素敵な後ろ姿をありがとう〜!中期2お疲れさまでした◎)

いっぱい遊んでいっぱい食べて、

いっぱい描いて!

引き続き素敵な夏をお過ごし下さい♡

[どばたムービーフェスティバル] レポート!

8月3日、真夏の夜にどばた本館が夢の劇場に!どばたムービーフェスティバル2016が行われました!

 

プログラムはオープニングの後、招待作品上映、公募作品上映、講評&表彰、ゲストアーティストによる上映&解説。

ゲストアーティストには梅沢和木氏、久野遥子氏、ノガミカツキ氏と、それぞれ映像をベースとした活動をし、現在活躍中の若手作家3名。

招待作品は、現在美大映像科に在籍している学生、および近年卒業した若手作家の5本を上映。『Last One』 宮本崇弘、『もっと遠くへ行きたい』 山内祥太、『日々とひとくち』森怜美、『小僧枯』 監督 : 児玉龍太郎 脚本 : 岡田和音、『歯とコイン』山崎スヨ (敬称略)。

公募作品は一次審査を通過した9本の作品が上映されました。

 

では、熱気ムンムンのフェスの様子を写真でレポートします!

 

IMG_3594

上映時間が近づき徐々に人が集まってきます

ゲストアーティストの梅沢氏、久野氏、ノガミ氏

ゲストアーティストの梅沢氏、久野氏、ノガミ氏

オープニングから盛り上がります

満員御礼!

満員御礼!

大型スクリーンによる公募作品の上映。

大型スクリーンによる公募作品の上映。

ゲストアーティストによる講評も真剣!

ゲストアーティストによる講評も真剣です!

表彰式。グランプリ一点、審査員賞3点が決まりました!

表彰式。グランプリ一点、審査員賞3点が決まりました!

招待作品上映。画像は山内氏の作品。

招待作品上映。画像は山内氏の作品。

ゲストアーティストによる自作上映と解説。ためになる!

ゲストアーティストによる自作上映と解説。ためになる!

ラストは拍手が鳴り止むことなく終了!

ラストは拍手が鳴り止むことなく終了!

 

公募結果は・・・

グランプリ『じゃがいも』松橋和也氏

梅沢和木賞『哺乳類の憧れ』跡部洋氏

久野遥子賞『未来相談所』塚本海至氏

ノガミカツキ賞『魚』川本杜彦氏

となりました!おめでとうございます!

 

若手に焦点を絞った未来志向の映像祭として、他に類を見ないユニークな試みになったのではないかと。

たくさんのご来場ありがとうございました!また、ゲストアーティストのお三方、招待作品の提供を快く応じてくださった作家のみなさま、ありがとうございました!

 

また次回開催できることをたのしみにしています!ぱおーん

 

基礎科 夏期講習・中期Ⅱ 始まりました!

こんばんは、基礎科です。

電車のダイヤが休日運行でびっくり!
今日は「山の日」、今年から施行された祝日なんですね。
すいどーばた基礎科では、今日から夏季講習・中期 Ⅱコースが新たに始まりました。

最初の課題は石膏デッサンです。
今期もまた、初めてデッサンに取り組まれる学生さん対象に構図・明暗レクチャーを行いました。
多数の参加がありました!

12-500x667

皆さん、大変集中して聞いています!

003

今回のレクチャーは、彫刻・デッサンコースの中里先生が担当しました。

。。。。。。。。。。。。。

レクチャーの後は、初心者対象に画材説明と描きだしのデモストレーションを木炭と鉛筆、それぞれで行いました。

今回の木炭デッサンの説明は油画コースの橘先生です。

1 (2)


1-42-500x392

木炭紙には表と裏があります。「MBMの文字が読める方が表だよ!」
「紙の凹凸の目が網戸みたい?に見える方が表だよ!(Y先生)」
「MBM木炭紙」はフランス製の高級木炭デッサン専用紙です。

1 (9)
消しゴムの代わりに食パンを使います。
本館B1にある画材屋「あーる」で購入できます。

1 (29)
木炭にもいろいろ種類がありますよ。試してみましょう!

1-201-500x296

木炭は大胆に調子をのせたり取ることができます。
思い切って描きましょう!

。。。。。。。。。。。。。。。。。

鉛筆デッサンはデザインコースの木村先生が担当しました。

1 (12)
鉛筆の削り方から丁寧に説明しました。
字を書くときと違いデッサンでは芯を長〜く出します。
木の部分もしっかり削り、ねかして描くときに芯が幅で画用紙にあたるようにしましょう!

1-161-500x667
計り棒やデスケルの使い方、注意点を解説し石膏デッサンの描きだしから、構図やプロポーションを確認・修正、大きな明暗の調子をつけるところまでのデモストをしました。

1 (33)

木村先生は東京芸大デザイン科在学の学生講師です。基礎科の生徒さんとも年齢が近いですよ。
芸大キャンパスの様子や受験のことなど、いろいろ話を聞いてみてくださいね!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今回取り組む石膏は「ヘルメス」です。

1 (23)

1 (2)

実物はギリシャの古代オリンピア考古学博物館に展示されています。

Hermes_di_Prassitele,_at_Olimpia,_front

名称未設定

『幼いディオニューソスを抱くヘルメス』
オリンポス12神の一人
プラクシテレス作と言われています
紀元前100年頃制作 1877年オリンピアにて発掘

石膏像ヘルメスの向かって右側の肩の上のものはディオニューソスの手なのですね。

。。。。。。。。。。。。。。

今期から初めて参加した人も、継続で参加している人も暑さに負けずガンバロー!!
実りの多い夏になるはず!

基礎科 夏期講習・中期Ⅰ 専門課題、熱いです!

こんばんは、基礎科です。

中期 Ⅰの最後は専門課題でした。
基礎科の夏季講習は3週目になりますが、1週間単位から参加することができます。
今期から初めて当学院に参加された生徒さんも多数いるので、各コースでデモストレーションや画材説明がありました。

デザインコースは、色彩構成に取り組みました。
モチーフは皆さんもきっと子供の頃に使ったことのあるものです!

1 (19)

今回も初心者対象に色彩プリントを配布し、よく使う言葉「色相、明度、彩度」の説明とアクリルガッシュの基本的な技術の解説兼ねたデモストレーションを行いました。

1 (22)

今回は東京芸大デザイン科在学生講師の木村先生がデモストを担当しました!

1-21-500x377

1 (17)

この中に今回のモチーフのフエキくん、スプーン、砂が水彩表現と平塗りで。
さらに明度対比、補色対比も入っています。分かりますか? 短時間で流石です!

1 (14)

生徒さんも集中して制作しています。
スプーンの現象の観察がとても良いですね!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

デザインコースの隣では日本画コースがグラジオラスの静物着彩に取り組んでいます。

1 (1)

白板ではガラス器の楕円の注意点が書いてあります。

1

参考作品を解説する竹内先生。

1 (20)

先生のデモストスケッチ、うまい!!

1 (3)

生徒さんも スケッチに励んでいます。
スケッチは基本ですね!

1 (13)
実際に手を入れて具体的な指導をする竹内先生。
タオルに暑い夏を乗り越える気合いを感じます!

1 (15)

すいどーばたの日本画科は日本一の東京芸大合格者数を誇ります。
そのため参考作品も大変レベルの高いものばかりです。
他科の学生も学ぶものがあります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

工芸コースでは、乾燥トウモロコシと炭を描いています。


1 (18)

1 (12)
とっても良い観察をしていますね!
工芸科は丁寧な観察が大事です。
隣で日本画コースが制作していると共通するものがあるので、良い刺激があることと思います。
ぜひ次に繋げていってほしいですね!

 

基礎科の夏季講習会は6日間から参加することができ、この後も以下の日程で続きます。

中期 Ⅱ 8/11〜16
後期  8/18〜23

これからのお申し込みでも間に合います!
夏季講習会で初めてデッサンに取り組む方も安心して下さい。各期の初日には毎回、鉛筆・木炭の削り方をはじめ画材の使い方を含めた描き出しのデモストレーションを行っています。またデッサンの基本となる構図や明暗レクチャーを予定しております!
すいどーばたの基礎科でぜひ一緒に始めてみませんか?

基礎科 夏期講習・中期 人体デッサン

 こんにちは!

夏ですね〜

夏ですね〜

夏、ですねぇ〜…

許しがたい暑さですね。

先日、基礎科では人物デッサンをしました!

20160807_9820_IMG_0004-500x333

  初めて人物にチャレンジする生徒も多かったのではないでしょうか

モデルさんの肌の色をなかなかのせられず苦戦している様子でしたが

描き進めるうちに白いタンクトップとの色の比較が出来るようになり、

しっかり色をのせることができました!

20160807_9838_IMG_0023
モデルさんの一回のポーズ時間は20分と短いのですが、
限られた時間内にじっくりと対象を観察します。

ポーズ間のモデルさんの休憩時間にも手を休めず、
クロッキーをする生徒たちの積極的な姿勢が印象的でした〜

素晴らしい!

20160807_9843_IMG_0028

日本画の竹内先生によるクロッキーデモンストレーション。
流石、日々スケッチを欠かさない先生の一撃の線がキレてます!(小林)

20160807_9846_IMG_0031

モデルさんの休憩時間も有効に使わせていただきます

20160807_9859_IMG_0044
デザイン科の木村先生によるデッサンのデモンストレーション!
モデルさんの印象を素早く的確に捉えて、同時に大きな色の組み立てもサクッとやってのけました!

流石です!

IMG_0203
およそ2.5時間のデッサンでこのクオリティ!

見ていた生徒たちもかなり刺激になったのではないでしょうか!

暑い日々が続きますね。

十分な水分補給をして体調管理をしっかりしましょうー
くれぐれも無理はしないように!

ちなみに竹内は毎日好きなバンドのタオルを水でびしょびしょにしたものを頭にかぶって通勤してます。
めちゃくちゃ涼しいですよーーそして帰りにはすっかり乾きます。
こんなことなら早起きして洗濯物干してくればよかった。と、毎日思っております。

このダイナマイトセクシーサマーに負けないほどの熱を込めて引き続き制作していきましょう!!

夏季講習会集合写真撮影会 @中期!

こんにちは。☆学院からです。

8月9日(火)、夏季講習会恒例の集合写真撮影会(通称ガリ写)の2回目です。

いや~暑っい昼休みでしたが、皆さんに吹き抜け校舎に集まってもらいました。

今回は地下から見上げて。という必殺のアングルでの撮影です。

おもしろい写真が撮れたと思います。

中期も今週で折り返しです。講習会生のみなさん、ほんと暑さが厳しいです。

健康管理に留意して後半もがんばってください!

そして・・・・・・・。

高校1・2年生や初心者の方へ!11日(木)から基礎科中期後半のコースが開始します。

夏の実技勉強のスタート。まだまだ間に合いますよ~。

IMG_4198
piazzaで寝てるのはカメラマンの藤本さんです。

IMG_4202
IMG_4208
はい!もっと元気にアクション付けて~。

IMG_4217
撮影後はこれも恒例。スタッフがガリガリ君を配ります。おつかれ~。

中学生コース夏季講習中期最終課題 水彩 デモスト祭

こんにちは、中学生コースです。

夏季講習中期の最終課題は、全日、午前、ビギナー全コース水彩です。

今日は東京芸術大学に在学中の学生講師方が、2課題デモンストレーションをしてくれました。

夏季講習中の中学生コースでは連日デモストをしています。

間近で上手な進め方を見られる貴重なチャンスです!

 

20160808_0496_DSC_6437

午前コースの課題は毛糸玉とペプシコーラです。

東京芸術大学大学院に在学中の谷津先生が担当してくれました。

 

20160808_0524_DSC_6466

描き出しのポイントを解説しています。構図や床面の状況は早めに見ています。

 

20160808_0534_DSC_6480

生徒も真剣に聞き入っています。

 

20160808_0520_DSC_6461

毛糸玉のレタリングや編み目などもデッサンの段階でしっかり描いていきます。

 

20160808_0537_DSC_6485

設置点は床面を見せる大事なポイント!

 

20160808_0538_DSC_6486

着彩に入りました。床面に落ちている影から塗っています。

 

20160808_0541_DSC_6489

筆致の工夫によって質感を描き分けます。べたっと塗らず筆先でかするように画面に色を乗せると、質感に変化が出ます。

 

20160808_0546_DSC_6499

柔らかな毛糸玉のかたまり感と、キラッとしたペットボトルの質感に注意して描写していきます。

 

20160808_0555_DSC_6509

細かなレタリングは細い面相筆で丁寧に。

 

20160808_0550_DSC_6504

編み目には鮮やかなピンクを差しています。

 

20160808_0505_DSC_6446

こちらは全日コースの組みモチーフです。

総合芸術高校を卒業し、今年4月に東京芸術大学に入学したアイザック先生が担当してくれました。

高校入試以来5年ぶりの水彩だそうです。

 

20160808_0502_DSC_6443

カラフルで夏らしいモチーフです。どうやって描こうか…?

 

20160808_0518_DSC_6459

みんな(通称)王子に見惚れて…ではなく構図の取り方について、レクチャーを受けています。

 

20160808_0552_DSC_6506

背景にも少し絵の具を置いて、空間感を出しています。

(通称)王子による華麗な筆さばき!爽やかなモチーフと爽やかな(通称)王子!

 

20160808_0581_DSC_6536

絵の具に入る前に全体講評をしました。

みんな日に日に上手くなっています!

明日の着彩のイメージを持って終われると良いですね。

 

中学生コースの夏季講習会中期は明日までですが、18日からの後期はまだ受講可能です。

後期にも沢山デモストを予定していますよ(^^)

これから始める人も、ステップアップしたい経験者も、一緒に上手くなろう!

芸大・美大受験予備校 すいどーばた美術学院
〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00
TEL 03-3971-1641 / E-mail suidobata@suidobata.ac.jp