9月2016

基礎科 専門課題

こんばんは、基礎科です。
涼しいかと思いきや暑かったりといったここ最近ですね、体調を崩さぬよう気をつけたいところ。
で、基礎科の方も油絵を描いていると思いきや粘土で立体を作ったりなここ最近、そう、
今はみんな専門課題に取り組んでいます!ラストスパートです!




油絵は一部私物を各自モチーフに持ってきてます!
私物と木炭紙大の画用紙を自由に加工して組み合わせて配置し、それぞれ思い思いのモチーフが組まれました!

受験科と合同授業しているデザイン、工芸も終わりが見えてきました!

そして講評(デザインはまだ続きます、頑張れー!)
自分の作品だけでなく、みんなの講評を聞くことも客観的視点を手に入れる上で大切なことです。
さてみんなの成果はどうだったでしょうか?!


アグレッシブな構成を最後まで突っ走って制作してきました。
任意でカットした石膏の断面が良いアクセントになってますね!

slooproimg_20160930194201

日本画コースはみんなどんどん描き込めるようになりました!上手くなってますね〜^ ^

デッサン課題とはまた違う空気で教室内に良い空間が流れていました。
毎回色んな課題が出てきますが、どれも新鮮な気持ちで臨んでいきましょう!

それと少し先ですが、
10/21日にまた講師によるゼミが行われます。今回は渡邉、浅井のダブルレクチャー。
それに先がけて教室のドアに浅井先生のポートフォリオが置いてあるので、
興味のある学生は是非見てみてくださーい(^^)

都立総合芸術高校 公開実技模試2016

中学生コースです。

都立総合芸術高校 公開実技模試2016のご案内です。
第一回目の模試がいよいよ来週末になりました。
総芸受験をお考えのみなさん、是非ご参加ください。
 

 

 
年々高まる都立総合芸術高校の入試レベル。そのレベルを把握することで、これからの学び方を明確にすることができます。
毎年多くの合格者を輩出してきたすいどばた美術学院の講師が、入試で何を問われているのか的確に判断し、予想問題を出します。
採点では、これからの成長を加味しながら丁寧に採点します。
講評会では、作品の良いところや伸ばしていく要素、問題などを明確に伝え、これからの勉強方法をわかり易くアドバイスします。

また、保護者の方への個別進路相談を行います。
※参加ご希望の方は申込書の説明会参加希望欄に必ずマークしてください。

 

 

 
■実施日時 2016年10月9日(日)・12月11日(日)
■会  場 本学院
■集合場所 本学院・本館地下/画材あ〜る前に午前9:00集合
■受験料  3000円(1コース)
■持参物  受講票、鉛筆デッサン道具一式(描画用紙は当日支給します)、昼食(お弁当など)
 

 

総芸模試申込書はこちらをクリック

 

 

 
2016_09_24img_0476

2016_09_24img_0475

10月1日より冬季講習会受付開始します!

こんにちは。広報です。

10月1日(土)より2016年度冬季講習会・入試直前講座の

受講申込が開始となります。

基礎から入試実践対策まで、短期間で充実したコースをご用意!

ワンランク上の指導、環境、モチーフで応えます。

すいどーばたは来年で創設60年!

過去10年毎の冬季講習会案内を集めてみました。

資料はこちらからご請求ください。

2016

06
2006年度 油画科学生作品。取材をもとに制作。

96
1996年度 彫刻科学生作品。老人像です。表情が実にいいですね。

86
1986年度 デザイン・工芸科学生作品。このころの平面構成レベル高い!

76
1976年度 横位置2つ折りのシンプルなパンフでした。石膏レリーフがアカデミックな雰囲気を漂わせています。

 

 

 

基礎科 中里勇太ゼミ

こんばんは 基礎科です。

基礎科担当の指導スタッフは、各個人でも制作や作家活動を行っています。
そんなスタッフの自己紹介・制作紹介を兼ねたミニゼミを時折開催しています。

第3回目は、彫刻・デッサン担当の中里先生によるゼミを行いました!

1-2

中里先生は東京藝大彫刻科大学院を修了され、現在は木彫による作家活動をされています。
今春の日本最大級のアートフェア「アートフェア東京」ではブースで個展をされ、
作品が完売するなど新進気鋭の彫刻家です!

そんな中里先生が初めて美術の道を志したのは中学3年の秋。
地元(群馬県)の通っていた中学には美術の先生がおらず、近くの小学校の美術の先生に作品を見てもらいに通っていた頃の話からゼミは始まりました。

29-500x388

中里少年が初めて描いたデッサン。
とても親身な赤ペン添削がされています!
そんな良き先生との出会いもあって無事、群馬県立西邑楽高校美術コースに進学します。

14
高校入学して初めて描いた石膏デッサン

30

石膏デッサン二枚目にして風格があります!

31
当時は絵画系に進もうと思っていたそうです。

。。。。。。。。。。。。

当時、大好きだったというアンドリューワイエスの鉛筆や水彩による作品や、
ゴットフリート・ヘルンヴァインというウイーン生まれの超リアリスティックな水彩画の作家の作品なども紹介してくれました。

漫画やアニメからも刺激や影響を受けました。
AKIRA スタジオジブリ 作品からの影響も大きかったと語ってくれました。

。。。。。。。。。。。

でも、高校の彫刻の先生や面白い先輩に巻き込まれ彫刻室に入り浸っているうちに、

いつの間にか彫刻志望に…

当然、影響を受けた彫刻作品があったからですが。。

3

1-1
作品の解説も面白くて分かりやすい中里先生のトーク
思わず聞き入ってしまいます。

2

高校の彫刻室にあった画集で見ていたのがバロック時代の巨匠ベルリーニ「聖テレジアの法悦」

石とは思えない布の表現。

言葉はいらない。。

とにかく圧倒的でスゲー!!!

5
6
7

————————————–

 

1

当時、東京都美術館に来ていたミケランジェロの木彫作品「磔刑のキリスト」を見たことが、
木彫に興味を持つきっかけになったそうです。

そして決定的になったのが、、、

l_464

東京国立博物館にて高村光雲作の「老猿」との出会い。

彫刻科木彫を目指すことを決断したのでした!

。。。。。。。。。。。。

すいどーばたで2浪ののちに東京藝大に進学。
その後も中里青年は様々な作品と出会っていきました。

東京藝大彫刻科では、入学すると人体塑造が必修です。

そこで影響を受けたのが細川宗英の作品でした。
すいどーばたにも収蔵されているので、皆さんおなじみですね!
25

。。。。。。。。。。

球体関節人形や写真家として有名なハンス・ベルメールのスケッチや、現代美術のダミアン・ハースト
の本物の牛の親子をそのままホルマリン漬けにして作品にしていることに驚いたりもしました。

。。。。。。。。。。

15

佐藤 玄々「天女像 まごころ」1960 檜に彩色

日本橋三越にある巨大な木彫作品、是非彫刻志望ではない人も見て欲しいですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いよいよ中里先生自身の作品の紹介です。

 

16

卒業制作作品「夜の獣」

3メーター近くある大きな作品です。

日本では近代に入って人間によって駆逐され絶滅してしまったオオカミ。
かつて人々は、農作物を荒らす動物を狩り山のバランスを保ってくれていたオオカミと共存していたそうです。

18
「おくちのなかの乙女」

 増えすぎてしまっている鹿と人間との関係に思いを巡らせて制作した作品

17
「徘徊の王子」

制作中に先生のコッペパンをアトリエから奪っていった猫ちゃんをモデルにした作品。

なかなか不敵な猫ちゃん!

許せん!と怒りの中で制作されたそうですが、愛に溢れていますね。

群馬県の中里アトリエにはいろいろな動物達が顔を出すそうですよ。

19
「おはなしのひみつ」

人間が毛皮を取るために改良され作り出されたウサギの品種アンゴラがモデルになっています。

12
「おとなし」

13
「湖上の悪意」

民話”かちかち山”のラストシーンから着想した作品。

28土壁の古民家をリノベした先生のアトリエ。

生きていく中で社会に対して感じたことを、動物の木彫作品を通して伝えていくという中里先生。

影響を受けた作品の紹介は、中世の巨匠から現代の作家、漫画やアニメまで多岐にわたりました。
そしてそんな影響を受けた先生は、さらに今の時代の空気を感じながら現在進行の制作をされています。

普段の実技指導や講評会だけではなかなか聞けない貴重なお話ありがとうございました!

これからも基礎科先生ゼミ企画していますのでお楽しみに!

基礎科 二学期専門課題始まりました!

こんばんは、基礎科です。今週、来週と基礎科は専門課題に取り組んでいます。

日本画は三原色の入ったキラキラとしたモチーフです。りんごが美味しい季節ですね〜(^^)

img_7828

 

怖がらずにしっかりと鉛筆を乗せましょう!

slooProImg_20160923192553.jpg

 

油画科は紙を加工して組み立てたものと布を組み合わせていろんな場所に置いて描き始めました。

なんか吊り下げられています。

その人の世界観が出ています!

img_7849

 

彫刻はダビデの顔面パーツと薪を組み合わせています。

芯棒を組み組み。

img_7857

 

デザイン科は粘土制作です。個性が出ますね〜!

img_7825

img_7826

木村先生による実演

img_7861

野口先生も親身な指導!

img_7912

 

来週どんな作品が仕上がるか楽しみですね!img_7879

(手に注目)

食欲の秋です!楽しくデッサンして美味しく頂きましょう(^^)

日曜基礎科!石膏クロッキー大会!!!

こんにちは、基礎科です。

今日は日曜日です。基礎科土日、日曜コースは元気に楽しく活動していますよ。

平日コースに引き続き、石膏クロッキー大会をしています!

img_7685-500x333

授業の最初は、講師によるレクチャーから始まりました。

img_7686-500x371

生徒のみんなも真剣に聞いています。ふむふむ

あれ・・・?
img_76862

石膏像もレクチャーを聞いてるみたいですね!!!

わかりやすい説明で、みんな興味津々です。

 

レクチャーの後は、どんどん石膏をクロッキーします!

大きく手を動かして短い時間で像の印象を捉えていきます。

45分ごとにみんなで席を移動して、様々な位置や角度から石膏像を描いていきますよ。

よーし、いっぱい描くぞー!!!

 

クロッキーする道具は色々!!鉛筆や木炭だけではないんです!みんなそれぞれ好きな画材で描いていますよ〜

img_7690-500x333

ペンで描いてますね!

img_7719

テ、テープ!!

黒いマスキングテープで描いちゃってもいいんです!

img_7745

img_7749

色んな種類の石膏があるので、自分の好きな石膏像を描けますね!

選べる幸せですねっ!

 

img_7753

大きい!筋肉がすごいですね〜

 

講師一同も、クロッキー大会に参戦です!

img_7734

img_7720-500x333

img_7771-500x750

img_7774

講師の今日のニット帽率が高いですね・・・

img_7730

img_77641-500x333

参考作品も沢山あります!クロッキーって色々あるんだなぁ〜

最後に講評会も行いました!!

img_7792-500x293

普段のデッサンとはひと味違う感じの絵がずらりですね!楽しい授業でした!

 

今回のクロッキー大会で大きく手を動かす感覚を掴めたでしょうか・・・

石膏デッサンは、最初にどれだけ大きく全体感を捉えられるかで、その後の進みやすさや評価が決まってきてしまいます。

もし、形や印象合わせで石膏デッサンにいき詰まったら、こういう風にクロッキーを描いてみるのが良いかもしれませんね!

 

みんなのこの先の成長が楽しみですね!

以上、基礎科でした!!!!

 

基礎科 皆で楽しく石膏クロッキー!

   こんばんは、基礎科です!

早いことに9月も中旬に差しかかりました。

最近は空がどんよりしてて気持ちが重くなってしまいますが、楽しい楽しいクロッキーで気分一転です!^^

slooProImg_20160915220824.jpg

まずはクロッキーについての大まかな説明です。

クロッキーは短時間で対象物の特徴(量感、動き、明暗、自分が魅了されたところ等々…)を、本番に入る前の腕試しや情報収集のために行います。

img_7589

ウキウキが止まらない様子です^^

img_7603img_7644-500x333

先生方、真剣な眼差しで石膏を見つめています。

img_7645

各コースの先生方が描いたクロッキーを並べてみました。

コースごとに対象物の捉え方や手の動かし方、アプローチの仕方にバリエーションがありとても興味深いです!!例えば彫刻コースなら石膏像のスケール感やうねりや動き、量感、デザイン、日本画コースは形の正確さや明暗をクロッキーの段階でしっかり捉えていますね。ちなみに、デザイン、日本画コースではクロッキーというより“初動”というらしいですよ◎描き出しですね!

油画コースは自分の気になることならなんでもアリ!という感じですね。

img_7610

自分の好きな描画材料を使ってクロッキーしてます。色も描画材料も制限ナシ!

img_7628

ジョルジョの表情に執着しているクロッキー、おもしろい!!

img_76341-500x333

各ブースごとにクロッキーを並べて皆で内覧。色々なアプローチの仕方があることを知れていいかも!

img_7682

短時間でヘルメスの特徴が捉えられたクロッキーですね!線のキレ、軽やかさや繊細さがグッド◎

img_7655-500x333

クロッキーは創作するにおいて短時間で対象物の印象を画面に起こす大事なアクションです。普段描くモチーフには沢山情報があって惑わされちゃいますよね…

だからこそ、短時間で情報を取捨選択し感覚を生かしながら描いていくことが大切!!

img_7679

鍛錬あるのみ!

基礎科 日曜コース、静物デッサン頑張っています!

こんにちは、基礎科日曜コースです。

今日は、先週からの静物デッサンの講評会でした。
普段は高校に通い、唯一どばたに通える日曜日に制作するという限られた時間のなかで、
皆さん集中して頑張りました。

秀作が沢山出ましたのでご紹介します。

img_7534(油画コース)

img_7535(油画コース)

img_7536(油画コース)

img_7537(油画コース)

img_7538

(デッサンコース)

img_7539(デザインコース)

img_7540(日本画コース)

。。。。。。。。。。。。。

志望コースは違えど同じ基礎科、一緒の教室で同じセットを描いています。
それぞれのデッサンの良さが出て来ました。

どの作品もモチーフに向き合いしっかりと描き込んだものばかりです。

次回も更なるレベルアップ、期待しちゃいます!!!

こんばんは。中学生コースです。

こんばんは。中学生コースです。

今日は先週の続きでカボチャを描く午前コースのみなさん。

粘土でつかんだ感覚を活かして、しっかり観察できました。

dsc_7657

dsc_7589

今月入学した生徒も、早速カボチャに取り組みます。

dsc_7641-500x271

講評会では、一人一人細かくアドバイスが入ります。

来週に早速やってみよう。

☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆

 

全日コースは、「○○を持った手」が課題です。

この絵のために、みんな家から好きなものを選んで持ってきてくれました。

自分の選んだ○○と手を画面の中で工夫して構成します。

dsc_7621

 

ホワイトボードには、描くときのコツや、ありがちな間違いなどが

埋め尽くされていきます。

いつも見ている自分の手。それぞれの着眼点で、工夫しています。

dsc_7580

ギュ、っと握った手。

dsc_7583

形や色が明確なモチーフ。

dsc_7586-500x379

手、って奥深いですね。実は高校生でも難易度の高い課題でもあります。

dsc_7613

絵を離れたところから客観的にチェック。

完成に近づくにつれて、真剣に手直ししていく中3生たち。

後ろ姿に気迫が漂います!

dsc_7644

力強い作品が出来上がりました。

鏡に映った自分と手。構成がいいですね。

dsc_7645

画面に大きく配置されています。描写に迫力が出ました。

dsc_7647

同じ「手」でも、彫刻科のデッサンと油絵科のデッサンでは、

傾向がかなり違っています。

自分はどんな絵を描きたいか? 描き進めたら、どんな絵になるか?

完成のイメージをしっかり持てるといいですね。

dsc_7648

指輪や袋と肌の対比が効いています。

dsc_7649

中1、中2生もがんばっています!

dsc_7653

肌の質感、トランプの絵柄も細かく描けています。

dsc_7654-1

ギュッと握った手も完成。この調子で次もがんばろう〜!

dsc_7655-500x333

来週は、グレーの紙に白、黒で描いていく課題です。

学科の補習も始まっています。

引き続きがんばりましょう。

 

基礎科の授業を体験してみませんか?

こんにちは、基礎科です。
基礎科では、高校1・2年生の初心者や未経験者を対象に、授業を無料体験することができます!

。。。。。。。

『手ぶらで体験』
手ぶらで鉛筆デッサンを体験することができます!(2~3時間)

開催期間
・11月18日までの祭日を除いた授業日毎日 (詳しくはこちらのカレンダーをご覧になってください)

・平日 17:30~20:30、日曜日 10:00〜12:30

事前申し込みは不要です。参加出来る日に直接受付窓口にお越しください。

img_9286

。。。。。。。。。。。

『1課題体験』
以下の日程で開催します。

平日コース(3日間で1課題の体験をします)

2016年 10月12日(水)〜14日(金) デッサン(石膏)
2016年 10月19日(水)〜21日(金) デッサン(石膏)
2016年 11月16日(水)〜18日(金) デッサン(細密)

日曜コース(1日間で1課題の体験をします)

2016年 9月11日(日) デッサン(静物)
2016年 10月16日(日) デッサン(石膏)
2016年 11月6日(日) デッサン(石膏)

『1課題体験』は事前に申し込みフォームよりお申し込みください。
(デッサン用具は貸し出します。)

WEBからのお申込
こちらのフォームからお申込みください。

詳しくはこちらへ

芸術の秋、是非デッサンを描きに来てみませんか?

基礎科: 静物デッサン講評日

どうもこんばんわ!基礎科です。

夏も終わり二学期最初の金曜日、今日は講評です。

dsc_7471

課題は引き続き静物デッサン、複数のモチーフが作り出す空間をどう捉えて表現できるか楽しみですね。

夏季講習終わって少し休みがありましたがー、みんな夏で培った力を忘れず発揮できるでしょうか?!

dsc_7472

もちろん鳥とリンゴと石膏、水の入った筒の中にリンゴとボール、赤白ストライプの布と、

それぞれのモチーフへの突っ込んだ描写も期待したいところ。

dsc_7476-500x331

夏も人が沢山でしたが二学期も負けじと活気ありますね!

自分と違う学校等から通っていたり、専攻が違う人たちと同じ課題に取り組む今回の共通デッサン課題、

同じモチーフを共有する事で自分にはない視点を垣間みることも出来ます。この環境は実に充実した空間だと田舎出身の自分なんかは思っちゃいますね。

dsc_7479

丁寧な色味でモチーフの空間を探っていっています。

各モチーフにはそれぞれ色があるけど表現するのはモノトーンの鉛筆の黒と紙の白で。激シブ。

みんな週末の夜に偉いですよ自分なんてトランスフォーマーばっかり見てたなあ反省ですよまったく。

いやトランスフォームシーンとか凄いんですよほんとに!

dsc_7536

すげー模様が!

dsc_7480

先生が生徒の椅子に座ってシビアにモチーフとの関係を見極める事もよくあります。

モチーフとの関係性はどれだけその人の技術が上がろうと適当になるなんてことはありません。真摯な姿勢が必須になります。

夏で伸びたと実感した人、悔しい思いをした人、それぞれあるかと思います。ですが、積み重ねで結果は出てくるのものなので目の前の成果と併せて、日々の取り組みの繋がりを意識して今後も過ごしていきましょう!

彫刻登山2016 八ヶ岳

彫刻科です。
今年も毎年恒例の彫刻科有志登山に行ってきました。
ここ数年、雨に降られていましたが、今年は快晴!
最高の登山となりました!

山では普段みれないそれぞれの表情が見えて、とても新鮮だし新たな視点が見えてきます。
今回も景色だけでなく学生、先生の素の表情が見え面白かったですね。

P1120101
▶ すべて見る

中学生コースも2学期が始まりました!

こんにちは、中学生コースです。

長かった夏休みも終わり、2学期が始まりました。

今日は、いつもとは違う流れで、午前中は水粘土を使ってカボチャの塑造です。

DSC_7361

ゴロンとしたカボチャの塊感や、包丁で切った面を意識して、大きく捉えていきます。

今日は基礎科彫刻コースの浅井先生が特別ゲスト指導に来てくれましたよ。

DSC_7368

みんなも夢中になって手を動かしています。

_20160904_193943

カボチャの種ってどうやってつくればいいの? モチーフの特徴をどう粘土で表現したら?

たくさんの?を、先生の進め方をみて学びます。

160904-4

離れて見比べたり、大きなベースの仕事をしっかり押さえるところは、実はデッサンと共通した大事なポイント!

DSC_7386

先生のデモンストレーション作品(途中)

種を一つずつ作らなくても、ちゃんとカボチャ感が出せるんですね。

DSC_7388

あっという間に午前の講評の時間に。

それぞれの作品の良いところや、もっと工夫できるところを聞いています。

_20160904_195030

さて、午後はいつもの教室に戻って、今度は鉛筆デッサン。

午前中の観察や視点を活かして、同じカボチャを描いていきます。

みんなの集中力がすごいそ!

DSC_7425

DSC_7428

DSC_7431

ポイントを押さえてさらに描き込みます。

160904-5

良いデッサンが並びました!

DSC_7433

一学期にできなかったことがクリアできています。

DSC_7446

全日コースのみんなは、一日に6時間、集中して描いているので、

どんどん成長していますね。

2学期もこの調子でぐんぐんうまくなりましょう!

DSC_7453

基礎科 土日・日曜クラス2学期始まりました!!

こんにちは、基礎科です◎

9月に入り、いよいよ新学期のスタートです!

夏休み終わっちゃいましたけど、気持ちを切り替えてバリバリ制作しましょう!!

16090401

2学期最初の課題は静物デッサンです。

白と赤が印象的なモチーフ◎

IMG_1283

壁をはさんでカガミのよう!

IMG_1275

今日は東京芸大で「藝祭」が行なわれているので、そっちに参加している人もチラホラ。

IMG_1270

構図やパースなど、一つ一つ確認しながら制作をして行きます。

IMG_1273

えんぴつチーム順調な仕事ぶり!

IMG_1291
木炭チームも夏休みでレベルアップして来たようです!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

基礎科の2学期は、基本的なデッサンから専門課題まで目白押し!

これから始めたい人にはオススメの時期だと思います◎

新人さんおまちしてまーす◎◎

日曜コース 2学期始業します。

9月4日(日)より以下のコース・クラス2学期始業です。

授業は9:30からです。

基礎科(土日クラス・日曜クラス)

中学生(午前クラス・全日クラス)

建築、芸術学、先端芸術表現、映像

油画科日曜コース

デザイン・工芸科日曜コース(土日クラス・日曜クラス)

2学期もがんばろう!

160703_0117

 

 

 

芸大・美大受験予備校 すいどーばた美術学院
〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00
TEL 03-3971-1641 / E-mail suidobata@suidobata.ac.jp