12月2016

基礎科 年末もすごいぞ!

 

 

こんにちは!基礎科です!

中期Ⅱコースも今日で終了です。生徒の皆さん、とてもお疲れ様でした〜

 

もう年末になりますが、スタッフの予想を超える沢山の生徒が集まり、とっても賑やかなアトリエになりました!!!

 

四日間のスケジュールのうち、最初の二日間は、全員で石膏デッサンをしました。

石膏デッサンが初めての生徒は、授業の初めに講師からのレクチャーや道具の説明などを受けます。

 

img_1297

 

どのように描けばいいのか、そのノウハウを教えてもらいます。わかりやすくて凄すぎます。

 

 

img_1337

 

鉛筆デッサンと木炭デッサン、自分のやりたい方の道具の使い方を教わります。ついでにさらっとデッサンを試し描きしてしまう講師の方々凄すぎます。

 

 

 

 

デッサンは初動がとても大切です。最初のうちに、像の全体感をいかに正確に捉えるかがとってもミソなんですね。縮こまって描いちゃダメですよ。大きく手を動かしましょう。

 

 

dsc_8206

 

過去に先輩たちが描き残していったデッサンの参考作品もたくさんあるので、それらと自分の絵を見比べてみることもできます。上達への近道です。うんうん。

 

後半の二日間は、基礎科の中でさらに専攻ごとに分かれて専門課題をやっていきました。

デザインコース、工芸コースは平面構成/立体構成ですが、

その他のコースは人物をモチーフとした絵を描いていきました。

 

img_1391

石膏とは違って生身の人間。どう描いていきましょうか、、、

img_1464

石膏デッサンで学んだことも活かせたでしょうか?

 

img_1467

 

img_1465

 

img_1460

デザイン工芸コースも頑張っています!

 

img_1449

 

img_1456-500x333

 

講師一同も、真剣な生徒に対し、指導に熱が入ります。

 

img_1419

 

img_1458

 

 

img_1466

 

とても親身に指導してくれます!わからないことがあっても大丈夫なのです。

講師の先生のデモンストレーションもとても参考になります!

 

dsc_8244

 

dsc_8254

 

img_1404

 

 

img_3630

 

上手い、、、、

周りでこうした上手い人が描いている環境なら、自分の絵の上達も早くなりますし、何よりとてもいい刺激になります。

上手な描き方や作り方はどんどん泥棒していきましょう!

 

img_0220

 

img_0219

 

講評会も盛りだくさんでした、、、!!

 

この冬季講習会には、地方からも生徒が多く受講しにきています。

普段こうした大人数で絵を描いたことがなかった人も、そうでない人もお互いに刺激しあった良い講習会だったと思います。

「周りにライバルがいる。」

そんな環境で勉強するのは、成長するという点ではかなりプラスになります。

 

自分の実力を確認したり、上手くいかなくて悔しかったり、これからの制作意欲に燃えたり、、、

抱える気持ちはそれぞれですが、みんな確実に成長しています。

 

今年はもうこれで終わりですが、皆さんにとって来年も、実りのある年になることを期待し応援しています。頑張ってくださいね!!

 

寒い中、お疲れさまでした。

 

 

年明けの授業、冬期講習後期は1/4から、

 

平常授業は、

日曜クラスは、1/8から

 

平日5日クラスは、1/10(火)から

 

3日クラスは、1/11からスタートです!!

 

 

 

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

年末・年始の休業についてのお知らせ

☆★年末・年始の休業についてのお知らせです。☆★

学院は、12月31日(土)から1月3日(火)までの間、休校となります。

(注意)
12月30日(金)21:00から1月4日(水)8:00の間は
学院内への立ち入りができません。
各自必要な道具は30日中に必ず持ち帰るようにしてください。

◆受付業務の休業期間
12月31日(土)から1月3日(火)

◆画材あ~るの休業期間
12月31日(土)から1月3日(火)

◆資料請求・発送
12月29日(木)以降にご請求の方。1月4日(水)より順次発送となります。

◆冬季講習会(後期)は1月4日(水)より開始です。
申込がまだの方は、講習初日の受講申込も可能です。

冬季講習会の詳しい内容はこちら。

limg_4737

今年もSASNEWS Blog をご覧いただき、ありがとうございます。

皆さんの希望がかなう、喜びあふれる年でありますように!!

芸大模擬試験後期の定員間近!

彫刻科です。

今年もあとわずか。年明けの2017.1.4から始まる芸大模擬試験後期ですが、定員が間近となっております。

モチーフ、スペースの準備の都合上、当日の申し込みは数名しか対応できません。
希望の方は定員を問い合わせの上、年内に受講意思をお知らせください。

2016touki01

また入試直前講座も随時受け付けております。
この時期は1課題1課題とても重要になります。少しでも多く課題ができるよう、早めの受講を検討してください!
お待ちしております!!
2016nyuutyoku01

お問い合わせ
すいどーばた美術学院
03-3971-1641

基礎科 中学生コース デッサンデモスト!

こんにちは、中学生コースです。

今日は講習会特別企画として、谷津先生がみんなと同じ時間でデモストをしてくれました!

来月に控える推薦受験を意識して、どのように進めたら良いのか、この時間でどこに手が入っていないといけないのか、しっかり考えながら描いていきますよ〜!

1

どのようにモチーフを構成しているか、どこからあたりをつけているのか、など、書き出しの時間には大切なことが沢山あります。
谷津先生の手元から沢山盗んでくださいね!

1-3

ヘッドカメラも登場!

1-2

slooProImg_20161228182131.jpg

皆で中間講評をします。

ただ座って描くだけでなく、遠くから離れて見る事が絵を良くする事に繋がります。
自分でも積極的に離れましょうね!
今どこに手を入れたら良いのか、自分の絵はどう進んでいるのか、客観的に把握していきましょう!

dscf9480

谷津先生もガシガシ描いていきます。

動画も見てみてくださいね!

https://vimeo.com/197265516

 

すごく集中出来てますね!いい調子!

img_1389


1-1


冬季講習で皆どんどん上手くなってきていますね!(^^)
この調子で頑張りましょう!!

外国人留学生の合格速報!

武蔵野美大、多摩美大の外国人留学生の特別入試結果を発表します。
競争率の高い留学生特別入試に今年も好成績をだしました!
合格したみなさんおめでとうございます!
いま、日本のアート&デザインが注目されています。
日本の美大で楽しく充実した学生生活を送ってください。
国際的ハイブリッドアーチストを目指そう!

■武蔵野美術大学 18名
日本画学科 1名 合格率100%
油絵学科 2名 合格率100%
彫刻学科 3名 合格率100%
視覚伝達デザイン学科 3名
工芸工業デザイン学科 6名 合格率60%
建築学科 2名
映像学科 1名

■多摩美術大学 11名
絵画学科日本画専攻 1名 合格率100%
彫刻学科 2名 合格率100%
グラフィックデザイン学科 2名
環境デザイン学科 4名
情報デザイン学科 1名 合格率100%
演劇舞踏学科 1名 合格率100%

160930_7002967
160708_0245

基礎科 冬季講習会 中期1 専門課題!

こんばんは。基礎科です。

冬季講習会中期1の2課題目は、専門課題でした。

専門課題になるとそれぞれのコースによって様々なモチーフが組まれ、なんだか華やかな雰囲気が出たり楽しい気分になったりします。

img_1049

日本画コースのモチーフにはピンクやオレンジの綺麗なバラが。。。

繊細なモチーフは、しっかり描けると美しい画面に仕上がります◎

img_1255

そんな繊細なモチーフを描く男子たち。丁寧な指先の動きがキラリと光る!そしてウマい!!

img_1111-1

指導する先生は、どんな作品が出来上がってくるのかとワクワクです♪

 

。。。。。。。。。。

彫刻チームは青年マルスの模刻です。

img_1046

直接触ってみると形態や、どれくらい出っ張っているかがよくわかります。

キレイな石膏像を使うと汚れが気になりますが、彫刻科専用なのでダイジョウブ!

img_1061

今回も先生が一緒に制作します。

実際に制作の動作を見ることは、言葉で伝えるよりたくさんのことが理解できます。

img_1163

例えば離れて見ること。

模刻をする際に自分の制作している塑像と、石膏像の違いを発見する際にとても有効な手段の一つで、最も重要な確認方法です。

img_1177

離れて確認し、近づいて作り込んでいく。そして、また離れて確認。。。。

img_1258

その積み重ねによってレベルの高い実技に!

。。。。。。。。。。

デザイン・工芸チームも、デモンストレーションがあります。

今回は、平面構成、紙立体、粘土の、3つから選択です。

img_1093

囲むように様々な角度から見ると、手の動きや道具の使い方が よくわかります。

img_1099

表情はまさに真剣そのものです。

img_1102

あちらこちらで高いレベルのデモンストレーションが行われています。

img_1264

これは講評前のデザインチームの様子。

みんな椅子から立って描いたり作ったり。

必死感が伝わってきます!

いいぞー!!

img_1272

講評のために紙立体を並べた様子。

紙の持つ質感ってすごく美しいと改めて感じます。

。。。。。。。。。。

油画チームも負けていませんよ!

img_1143

先生だってツナギに着替えて指導します!

いつの間にかズボンなどについたら大変なことになりますからね;

img_1189

戦闘着に着替えたら、指導にも熱を帯びてきます!!

img_1121

どんな実技も、実際にやってる様子を見てもらうことが一番◎◎

。。。。。。。。。。

最後にデッサンチーム。

デッサン力をつけることは、大切な基礎力を鍛えること!

美術のどんな方向に進むとしても、これがしっかり鍛えられていれば安心です◎

img_1078

それぞれが熱を帯びてきた冬季講習会!!

とってもいい雰囲気で制作できていると思います!

この調子でガンガン行きましょー!!

基礎科 中学生コース冬季講習会がはじまりました

こんにちは、基礎科中学生コースです。
今日から中学生コースの冬季講習会がはじまりました。

今回は5号館の5-3アトリエという場所で講習会を行います。

自然光が大きく取り入れられる、独特な構造を持ったアトリエで、すいどーばたで一番光が良いと言われているアトリエです。

、、、に加えて、ベテランの先生方(自称おじさんたち)が、冬季講習前に壁を白く塗り替え、講評のためのパネル立てまでつけてくれたのです!!

おじさんたちの大工仕事のおかげで解放的な雰囲気のアトリエになりました〜。

もはやおじさんというより、サンタクロース@どばたですね!

そんなわけで今日はおじさんたちが中学生コースに来てくれました!

安定感。笑

サンタクロースたちによる手厚い指導!

朝のスタートではモチーフに関する説明、全体での導入がありました

午前中なかばで、構図チェックの途中講評を行いました。前半で構図などをチェックするのは重要です。他の人のデッサンと比較することで自分のデッサンがどう見えるか知ることが出来ます。

先生が短時間でデモンストレーションをしてくれました。短時間だからこそ、何を見ているかがよくわかりますね。デッサンには描く技術だけでは無く、何を見るかという視点も大切になります。そんな、視点を感じさせてくれるデモンストレーションでした。

明日からも寒さに負けず頑張りましょう!!
.

基礎科冬季講習会 中期1 スタート!

こんばんは。基礎科です。

中期1の最初の課題は静物デッサンです。

img_0993-1

今回のモチーフはこれ!

白い布の掛けてある台の上に、中身の入った黒いビニール袋と金色の真鍮パイプ。その周りに発泡スチロールの球が配置されています。

。。。。。。。。。。

img_0922

今回もデッサンスタートの前にスライドレクチャーが入ります◎

img_0917おっと!

黒いビニール袋がなくなると下にもパイプが隠れている事や、斜めに置かれていることがよくわかりますね◎

何気ないモチーフでも丁寧に分析してみると色々なことが見えてきます。

経験者でも見落としがちな事はたくさんあるので気を付けましょう!

 

。。。。。。。。。。

レクチャーが終わると描き出しのデモンストレーションです◎

img_0970

早くも絵の雰囲気が出ていますね!完成のイメージをもって進めていく事も大切な要素の一つ!

img_1016

人がたくさんいて狭いときには、モチーフが見えるか声を掛け合って譲り合いの精神◎◎

img_0995

基礎では、手を動かすだけではなく、じっくり話して確認しながら制作する事も大切にしています。

img_1002

真剣な顔つき。。。シブいっス。。。

img_1003

ちょっと加筆をして、手の動きや進め方を実際に伝えたりもします。

なんだか楽しそう♪

。。。。。。。。。。

img_1022さて、中期最初の講評◎

ズラッと並ぶと自分のデッサンと周りのデッサンとの差や、描くときの視点の違いなどがはっきりと見えてきますね。

今回のデッサンで、絵の狙いがしっかりと伝えられた人や、普段とは違う環境で上手くいかなかった人など、それぞれいると思います。

デッサンは一枚で完結ではなく、次につなげていくことが重要だと思います。それぞれが課題を見つけて取り組んでいきましょう!

冬季講習会中期はじまりました!

広報です☆

 

冬季講習会・中期が本日から始まりました。

今年最後のタームです。

昼間は12月とは思えないような暖かさでしたね。

本格的に人数も増え始め、

前期よりもより一層熱気が伝わってきます!

 

体調に気をつけて、良い作品をたくさん作って下さい!

 

冬季講習会のコース案内はこちらです

 

161223_img_4636_1

161223_img_4673_1

161223_img_4680_1

161223_img_4691_1

161223_img_4663_1

 明日はクリスマスイブ☆

 

基礎科 冬季講習前期終了しました!

こんばんは、基礎科です。
先週から始まった冬季講習も、あっという間に前期が終わりました!
基礎科では前期2コースから各コースに分かれて専門課題が始まりましたよ!

生徒も多く大盛況!
自分の専攻以外にも、色んなコースの課題をいっぺんに見渡せるので刺激になりますね。

専攻を迷い中、または初心者の方はデッサンコースをおすすめしています。木炭か鉛筆を選択できますよ。
今回は2日間でアマゾンを描きました。

初めての方にはレクチャーもあるので安心して始められますね。構図の取り方を説明しています。

油科コースはマルスのいる静物!己の世界を見せつけろ!

筆の説明中…。

李先生によるメディウムの説明です。生徒も真剣に聞き入っていますね〜!
下地に使用するもので絵肌も変わってきます。

日本画コースはシクラメンの静物着彩です。クリスマスが近いですね〜!
(どばたはクリスマス当日も開いてますよ!)

彫刻コースは手と卵の構成塑像!心棒の組み方が要となってきます。

slooproimg_20161220202158

(なんかいる!)

slooproimg_20161220202153

熱すぎる指導によりブレてしまった浅井先生。

浅井先生によるデモストです。浅井先生、意外と綺麗な手をしています。
動きがかっこいいですね!

デザイン、工芸コースでは木村先生がキウイの着彩のデモストをしてくれました。
水分量が大事ですね。多すぎても少なすぎても上手くいきません。

わかりづらい所は実際に手を入れながら指導します。

生徒に大人気の木村先生、高校生の皆さんとも年が近いですよ!何でも気軽に質問してくださいね(^_^)

冬季講習中期は明後日23日よりスタート!
中期1、中期2、後期はまだ受講を受け付けています。朝9時半開始なので間違えないでくださいね!

また会おう!

高校美術展ご案内

★☆広報からです。

埼玉県美術系高校から合同の美術展案内が届きましたのでSASBlog上でもご案内いたします。

どの作品も、この日のために研鑚してきた力作揃だと思います。

自分の作品を多くの人に観てもらうことは、とても貴重な経験ですよね。

各校生徒のみなさん、展覧会の成功を祈ってますよ!

161216_1

161216_2

基礎科 冬季講習会がはじまりました

こんばんは基礎科です。

今日から基礎科も冬季講習会が始まりました。
最初の課題はデッサン。
モチーフは「白布で縛った薪とりんご」です。

講習会では、初めてデッサンに取り組む生徒さんも多いので、構図の収め方や遠近法の基本的な内容を簡単にレクチャーしました。

その後、鉛筆チーム、木炭チームに分かれて、さらに芸大学生講師が鉛筆や木炭の削り方、画面に向かう姿勢などを実演しながら説明しました。解説プリントなども配布!

そのまま描き出しのデモストに突入。

はじめから具体的で良いイメージを持てることが大切です!!

すいどーばた美術学院基礎科の冬季講習会は
12/18〜21
12/23〜26
12/27〜30
1/4〜7
の期間に4日間ずつ受講が可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

これからの申し込みも可能ですので、美術をはじめてみようと思う方はぜひ、一歩を踏み出してみてください!!

冬季講習会〈前期〉始まりました

学院からです。★☆

12月14日(水)冬季講習会 前期コースが始まりました。

朝はあいにくの雨模様でしたが、午後はすっきりとしたいいお天気になりました。

全国の受験生・高校生がこの講習会で実力アップを目指します。

寒さに負けず、良い作品をつくってくださいね。

冬季講習会のコース案内はこちらです。

161214_1

161214_2

161214_3

161214_4

161214_5

冬季講習会はじまります。

学院からです。
12月7日恒例の大掃除をおこない、冬季講習会の準備をしました。
冬講。14日(水)からスタートです。
受験生にとって、これからの1課題・1課題はとても意味のあるものになってきます。
合格にむかって準備はいいかな。
どばたは受入れ準備完了!
どばた冬講申込受付中!(定員制なのでご注意!)

冬季講習会の詳しいい内容はこちら

img_0228

 

先生たちが5号館アトリエの講評用棚を新しくしてくれました!使いやすそう。

2017入試日程表を掲載しました。

こんにちは。広報です。

急に寒くなりましたね。気温の変化は体調を崩しがち!

風邪など引かぬよう、お気をつけ下さい。

さて、すいどーばた美術学院では、毎年「一般入試日程表」を作成しています。

平成29年度入試の日程表をWEBに掲載しましたので、お知らせいたします。

各自ご確認いただき、入試にご活用ください。

なお、最新情報・詳細については、各大学のホームページでご確認ください。

 大学リンク集

161002_7003491

中学生コース 二学期の締めくくり 第2回総芸模試

こんにちは!中学生コースです。
今日は第2回総合芸術高校模試でした!
第1回より参加人数が増え、53人の申し込みがありました。大人数の中での制作です。

今回のモチーフは、、、

どーん!
都立総合芸術高校の推薦入試を意識したモチーフを出題しました!

量感があるモチーフなので、構図や構成に注意して描き始めたいですね!

制作時間は3時間。
緊張感が漂う中、みんな集中して制作していました。

模擬試験なので、先生からの指導は一切入りません。
自分の力で描きあげられるようになりましょう!

今回のモチーフは、レタリングが多いので、積極的に取り組んでいきたいですね。

また、白っぽいモチーフの中に赤や黒の強い色があるので、全体感の捉え方にも注意したいです。

限られた時間でも、冷静にポイントを押さえつつ、描いていきましょう。

制作時間を終えて、先生たちによる採点が始まりました。

総芸入試の評価の観点を参考にしつつ、採点していきました。

教務さんも大忙し!

先生たちも真剣に採点しています。

今回はみんな構図に苦戦したかな、、、?

構成によっても構図の取り方は変わってくるので、構成の仕方にも今後は気をつけていきたいですね。

採点が終わって、全体での講評会です。

総評に加え、今回のモチーフの描きどころやポイントなどを説明していきました。

1位〜5位の生徒には、なんと!表彰状と賞品が!!嬉しい!

よく頑張りましたね!

ここで結果が出せた人は、自分の絵を客観的に捉えつつ今後も頑張って制作していきましょう!

今回、なかなか結果が出せなかった人も、まだまだ時間はあります。
弱気にならず、今回の模試でわかった自分の弱点をまずは克服していきましょう。

体調には気をつけて、また冬季講習で元気な顔を見せてくださいね!

中学生の冬季講習会・入試直前講座はこちらをご覧ください。

基礎科 自由課題後半 講評編

こんばんは、基礎科平日クラスです。

自由課題後半です!!

皆それぞれに自分のしたいことに集中しています!!


徐々に全体図が見えて来ました。


一体どうなるのでしょう。ワクワク。


集中してひたすら制作に没頭しています。とても楽しそうです。

それぞれの個性が発揮されていて面白いです。

いよいよ講評です。


講評では、それぞれの先生が お気に入り作品を1点ずつ選び、賞品を送りました。
皆それぞれに面白く、1点しか選べないのが辛いですね〜。

おめでとう!


頭と右下のカエルは立体です!


神々しい!!

作者に作品について語ってもらいました。

slooproimg_20161205172025
映像作品もありました!

それぞれが目指したものを、それぞれの方法でそれぞれの材料で表現した今回の課題、とても面白く魅力的な作品が多かったです!

都立総合芸術高校 公開実技模試2016

中学生コースです。

都立総合芸術高校 公開実技模試2016のご案内です。
10月に第一回の模試が行われましたが、第二回目の模試がいよいよ今週の日曜日の12月11日に迫ってきました。
総芸受験をお考えのみなさん、是非ご参加ください。
申し込み締め切りは土曜日です!

年々高まる都立総合芸術高校の入試レベル。そのレベルを把握することで、これからの学び方を明確にすることができます。
毎年多くの合格者を輩出してきたすいどばた美術学院の講師が、入試で何を問われているのか的確に判断し、予想問題を出します。
採点では、これからの成長を加味しながら丁寧に採点します。
講評会では、作品の良いところや伸ばしていく要素、問題などを明確に伝え、これからの勉強方法をわかり易くアドバイスします。

また、保護者の方への個別進路相談を行います。
※参加ご希望の方は申込書の説明会参加希望欄に必ずマークしてください。
■実施日時 2016年12月11日(日)
■会  場 本学院
■集合場所 本学院・本館地下/画材あ〜る前に午前9:00集合
■受験料  3000円(1コース)
■持参物  受講票、鉛筆デッサン道具一式(描画用紙は当日支給します)、昼食(お弁当など)
総芸模試申込書はこちらをクリック

2016_09_24img_0476

2016_09_24img_0475

アニメーション界の巨匠、Glenn Vilppu先生ドローイングセミナー

広報からお知らせです。

毎回大好評のMaster Drawing Japan主催のドローイングセミナー。
いよいよ今週末からです!
今回は巨匠グレン・ビルプ先生が約1年ぶりに日本へ帰ってきます!
すいどーばた姉妹校の創形美術学校を会場として実施します。

日時:
2016年12月10日(土),11日(日) / 12月17日(土),18日(日)
13:00〜19:00

内容:
12月10,11日 人体のドローイング
(ビルプ流、目からウロコの人体ドローイングテクニックを学べます)

12月17,18日 ドラマチックな物語を構成する構図について(初開催!)

*全日程モデルを使用します。
*セミナーには通訳がつきます。

セミナーの詳細はこちら

セミナーは定員制です。残席少なっております。

gv1
1478102798

 

 

基礎科土日クラス 立体制作

みなさんこんにちは。

平日クラスに続き土曜、日曜、土日クラスの全コースでも合同の水粘土による立体制作が始まりました。

普段は2次元の紙の上に3次元を表現するわけですが、写真やイラストなどの2次元を今度は3次元に起こすという逆のプロセスを体験出来るのはとても貴重です。

慣れない手つきで粘土と格闘しつつも、自分の手で序々に形態が出来上がっていく楽しさに、みんな時間が経つのも忘れて夢中になって取り組んでいました。

image12-500x333

粘土の扱い方や制作方法などのレクチャーの後、さっそくみんな粘土をコネコネ。

image

先生方も参戦!自分の似顔絵イラストをモチーフに。似てる?

image

こちらは日本画担当の齋藤先生、ライオンの頭部です。
手際がいいですね〜。
さすがデッサン力は共通ですね!

image

生徒さんの作品もなんとなく形が見えてきました。

image13-500x333-2

空想上のモンスターを立体化!細いディテールにもこだわりが。

img_0571

制作の合間には世界中の立体作品を解説付で鑑賞して、さらにモチベーションがアップ‼︎

image18-500x375

講評会ではビデオカメラで接写して、作品の細部まで全員が見る事ができました。

これは分かりやすい!

今回の課題ではみんな得ることがいっぱいあったはずです。

形態を全ての方向から把握していくことの大切さ、道具を工夫することにより自分のイメージした状態に近づけていけたことなどなど数えあげたらきりがないと思います。

基礎科土日クラスは今日で二学期終了ですが、今度の冬季講習もみんなパワー全開で頑張ってくれることでしょう!!!!

芸大・美大受験予備校 すいどーばた美術学院
〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00
TEL 03-3971-1641 / E-mail suidobata@suidobata.ac.jp